バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠・出産・育児記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)、妊娠、育児について語っています。2017年10月に男児を出産。

barcelona.funinchiryo@gmail.comへメールをくださった方へ

このブログ専用のメールアカウント:barcelona.funinchiryo@gmail.comへメールを送ってくださったみなさま、本日すべての方にお返事させていただきました。

返信が遅れて、本当に、本当に、本当に、本当にすみませんでした!まさかメールをいただいているとは夢にも思わず...。

ブログ記事のコメント欄への書き込みはチェックしていましたが(携帯のアプリを通してお知らせが届くので)、barcelona.funinchiryo@gmail.comのメールアカウントは放置状態でした。今日久しぶりにメールボックスを確認してみると、多くの方からメールが届いていてびっくり!こんなブログでも誰かのお役に立っていると知り、嬉しくなりました。今後は定期的にメールボックスを確認するので、いつでもメールください。 

そして、ツイッターのアカウントを作りました。アカウント名は@Barna21707706です。フォローよろしくお願いします。 

f:id:Barna:20190123202337p:plain

 

母乳育児に欠かせないアイテム

いつかはまとめたいと思っていた母乳育児に欠かせないアイテム。

母乳育児を始めたばかりの頃は、全てが初めてでどうしていいのかわからないことがたくさんありました。乳首が痛くて亀裂が入るし(スペイン語ではgrieta)、白斑もできるし(スペイン語:perla de leche)、乳腺炎スペイン語:mastitis 母乳がつまるタイプと乳首の亀裂を介して細菌が入って発生するタイプの両方)に何回もかかり、本当に大変でした。おっぱいトラブルに見舞われた私の経験を通して、これは是非母乳育児スタート前に買い揃えておきたい、もしくはすぐに買えるようにしておきたいと思うグッズをまとめました。

 

乳頭クリーム(メデラ製品スペイン語ではプレランpurelan):乳首に亀裂が入った時、または乳首がなんだか痛むなぁという時に薄く塗ります(私は早く亀裂が治って欲しいと思いべっとり塗っていたら、助産師さんにクスッと笑われながら「気持ちはわかるけどね、これはね、うすーく塗るのよ」と教えてもらいました)。

f:id:Barna:20170907214254j:plain

 

ブレストシェル(メデラ製品):乳首が切れて痛い時は、ブラや母乳パットがあたるだけで体にビリっと電気が走るくらい痛かったので、乳首の亀裂が治るまでは、おっぱいにこれをあてていました。ただこれを使用してると、かなりの巨乳に見えるので、夏場の使用は恥ずかしいかも。

f:id:Barna:20190120152959p:plain

 

ニップルシールド(メデラ製品):通常は扁平乳頭や陥没乳頭のママが使うものですが、母乳育児を始めた頃はママも赤ちゃんも授乳の仕方が下手くそ。乳首がものすごく痛んで授乳もままならない時、このニップルシールドを乳首にかぶせておっぱいをあげるすることで、乳首が痛くても授乳を続けることができました。ただ、これを使うと赤ちゃんのおっぱいの吸い方に影響が出てしまう&赤ちゃんがおっぱいを吸うことでママの体は母乳の量を調節するのですが、このニップルシールドをつけていると直接おっぱいに刺激が送れないので、母乳の量に変化が出るとか。なので使用はあくまでも一時的。

f:id:Barna:20190120152320p:plain

 

使い捨て母乳パット(メデラ製品Lansinoh社のものを使用しました):母乳育児開始後数ヶ月は気づかないうちに母乳が出て服を濡らすことがあるので、あると便利です。

f:id:Barna:20190120155016p:plain

f:id:Barna:20190120155144p:plain

 

母乳の量が安定してくると、洗える母乳パット(アマゾンスペインで購入)の方が環境にやさしいので、現在はこちらを使用。

f:id:Barna:20190120153204p:plain

 

フィリップス社のおっぱいを冷やしたり温めたりできるジェル:母乳が詰まって乳腺炎にかかると、まずはしこりになっている部分を温めて、マッサージしながら赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらいます(私はこのジェルではなく、自宅にあったレンジでチンできるタイプの首を温めるものを使ってしこり部分を温めていました)。赤ちゃんが吸えないようなら搾乳器で。スペインでは助産師さんがおっぱいマッサージをすることはまずないので、自分でマッサージすることになります。しこり部分を取り除いたら、このジェル(冷凍庫で保存)でしこりのあった場所を冷やします(乳腺炎にかかるとしこり部分が真っ赤になるので、どこを冷やしたらいいかはすぐにわかります)。ちなみに、乳腺炎にかかって熱が出ると抗生剤の服用が必要になるので、必ず病院で診てもらってください。

f:id:Barna:20190120154052p:plain

 

電動搾乳器(メデラ製品):赤ちゃんがおっぱいを吸ってくれるのに、搾乳器の購入が必要か?と思う人もいるかもしれませんが、乳腺炎にかかって、うまくしこりが取れない時にこの搾乳器があるととても便利です。また、私のように産休後すぐに仕事に復帰するママにとっては、仕事復帰前にできれば母乳のストックを用意しておきたい!と思う人もいるはず。そんな時、この電動搾乳器が便利です。助産師さんの指導にしたがって、私は朝起きた時に例えば右胸を赤ちゃんに吸わせたなら、左胸の母乳は搾乳器で絞って、母乳保存パックに入れて冷凍庫で保存しました。

f:id:Barna:20170912043930p:plain

 

U字型の授乳クッションか普通のクッション:乳腺炎予防のためにも、まんべんなくおっぱいを吸ってもらうことが大切。母乳の詰まりを防ぐためにも、フットボール抱き(スペインでは「ラグビー抱き」というのが一般的)がオススメなのですが、それには授乳クッションまたはクッションが必要。私は同僚に借りたので、購入せずにすみました。

 

授乳ブラ(H&M):H&Mの授乳ブラはとてもお得で、質もいいです!

f:id:Barna:20170903010842j:plain

授乳用キャミソール(H&M):これは本当にオススメ。産後ママの会のママさんの多くがこのタイプのキャミソールを着用していました。母乳育児を始めた頃は授乳ブラに乳首があたって痛かったので、上に掲載したブレストシェルをおっぱいにかぶせ、このキャミソールを着て、洋服を着ていました。現在は寝るときに使用。

f:id:Barna:20170903010854j:plain

 

サプリメント:Natalben lactancia(授乳中のママに必要なビタミンが含まれているカプセル)を1日2粒服用。

f:id:Barna:20190120144905j:plain

lactanza(乳腺炎予防のサプリメント)は夜に1錠。高価なので、いつもネットで購入しています。

f:id:Barna:20190120144915j:plain

 

LactAppのアプリ:母乳育児に関する疑問、質問事項がスペイン語でとてもよくまとめられていて、参考にしていました。こちらからダウンロードできます。

f:id:Barna:20190120225846p:plain

 

これはアイテムではないですが、スペイン在住の方にお勧めしたいのが、母乳育児サポートの会(grupo de apoyo a la lactancia)に参加すること。グループには必ず母乳育児アドバイザー(asesora de lactancia)がいて、母乳育児の悩みはもちろん育児全般、なんでも相談に乗ってくれます。産休中の私にとっては、このグループの集まりが同じ状況のママさんと知り合える空間でもあり、息抜きの場所でもありました。私のように母乳育児で悩んでいるママがいると知るだけで、心が和んだのを今でも覚えています。

 

クリックお願いします↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村

クッキングロボットで作った和食

先日購入したクッキングロボットで、今度は和食を作ってみました。クッキングロボット購入についての記事はこちらから↓

barcelona-funinchiryo.hatenablog.com

和食といっても繊細なものはロボットでは作れないので、煮込んで簡単にできるもの、ということで手始めに牛丼。

f:id:Barna:20190105233539j:image

材料入れて煮込むだけ。ロボットが勝手に混ぜてくれるので、火の元心配いらず。

そして今度はカレー。これも材料入れてポチッとするのみ。

f:id:Barna:20190105233544j:image

肉じゃがなんかも同じ感覚で作れそうです。これから色々なもの作ってみようと思います。

 

クリックお願いします↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村

1y2m20d 里帰りの準備開始(空港のキッズスペース検索編)

今年の4月に息子を連れて私一人で里帰りします。まだ4月まで3ヶ月あるとはいえ「用意周到」、できるなら今から少しずつ準備していこうということで、まずは今回利用する空港にあるキッズスペースの場所をリサーチ。バルセロナのプラット空港、ヘルシンキの空港、そして成田空港。

f:id:Barna:20190120001758j:image

どの空港にも何か所かキッズスペースがあって、早速利用するターミナルのマップを印刷。これでキッズスペース探しで空港内をウロウロしなくて済みそうです。

 

クリックお願いします↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村

電動鼻水吸引器Nosibooを購入

保育園一年目の冬は、子供はもちろん親も病気にかかるのが常。今のところ息子は鼻水、咳、嘔吐、発熱程度で済んでいますが、この前鼻水が原因で人生で2回目の中耳炎になりました。現在抗生剤で治療中。


そこで、今までは口で吸う鼻水吸引器やスティック状の電動鼻水吸引器を使っていましたが、思い切ってもっと性能のいい電動鼻水吸引器を購入しました。日本で売っているメルシーポットが欲しかったのですが、ここスペインでは買えないので、メルシーポットに似た製品でレビューの高いドイツ製のNosibooという吸引器を買いました。値段は139€と高めではありますが、これで息子の健康を保てるなら安いもんです。

f:id:Barna:20190105000308j:image


このNosiboo、吸引力を調節できて新生児から使用可能。掃除機のような音がして多少うるさいですが、粘りのある鼻水が次々と吸い取られていきます。私は吸引器使用前に生理食塩水(スプレータイプ)を鼻にシュッとして数分して、柔らかくなってから吸引しています。息子はギャン泣きですが、口で吸うタイプのでもギャン泣きしてたので、心を鬼にして鼻水吸い取ってます。お手入れがものすごく楽で、チューブに鼻水がいかない仕組みになっているので、洗う部分は先端のみ。

今は保育園が冬休みなので、あまり鼻水は出てませんが、来週からまた保育園が始まるので、Nosibooのお世話になる日がいっぱい来るんだろうな。

 

クリックお願いします↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村

年越しホームパーティー

あけましておめでとうございます。今年も不定期更新ですが、このブログに遊びにきてくれたら嬉しいです。

さて、2018年の年越しパーティーをうちでしました。2017年は息子が生まれたばかりで年越しどころじゃなかったけれど、今年は何かしたいということで、友達カップル3組呼んで年越しパーティー。私は年末も仕事だったので、料理は事前にお店にオーダーしておいて、お皿もすべてプラスティックで準備。

f:id:Barna:20190101231157j:image

息子がまだ2、3時間おきに起きるので、パーティーどころじゃないと思っていたけれど、意外に楽しめました。ただ、0時の鐘と共に12粒のぶどうを食べる習慣がスペインにはあるのですが、ちょうど息子が起きて、おっぱいあげにいったので、年越しぶどうは出来ず。2019年は息子に授乳しながら迎えました。これもいい思い出です。

2019年もいい年になりますように。今年もよろしくお願いします。

 

クリックお願いします↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村

クッキングロボット購入

いつかは欲しいと思っていたクッキングロボット(万能調理器)。

スペインで人気のドイツ製の万能調理器、「サーモミックス」は1200€(スペイン平均給料の1ヶ月分に相当)するからどうしようかと考えていたところ、リーデル(LIDL)というドイツ系列のスーパーが独自ブランドでクッキングロボットを販売しているというので、今回はそちらを購入。値段も229€と手が出せる範囲だったので即決。

f:id:Barna:20181230043632j:image

f:id:Barna:20181230044926j:image

このクッキングロボットでは煮る、蒸す、混ぜる、細かく切るなど複数の機能があって、作れるものはさまざま。パン生地やアイス、ヨーグルトも作れるんだとか。

私が最初に作ったのはかぼちゃのスープ。

f:id:Barna:20181230050053j:image

材料入れて煮込みボタンをピッ、終わったらミキサー機能ボタンを押して終了。ものすごく簡単にできました。煮込んでる間は火の元を気にせず息子と遊んでいられます。今まではいちいち火加減を気にしながらの調理で、料理している時間息子と一緒にいられたらな、とずっと思っていました。このクッキングロボットを購入してから、明らかに息子と一緒にいる時間が増えたし、お惣菜を買う回数が減りました。お惣菜だと塩分が気になって息子にあげるのは控えてましたが(だからどうしてもワンパターンな幼児食になってしまう)、クッキングロボットで作るようになってからは、私たち大人用に味付けする前に息子の分を取り分けてあげています。

ここ数日で作ったのは、ズッキーニの野菜スープ、パエリア、ミートソース、カルボナーラなど。これからもっとクッキングロボットで作れる料理のレパートリーを増やしていければと思います。

買って本当によかったー。

 

クリックお願いします↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村

息子1歳2ヶ月 ハイハイ大好き&食べること大好き

最後にブログを更新してから1ヶ月以上が経過。

息子が1歳を迎えるまでは、「息子生後◯ヶ月!」と毎月意識していましたが、息子が1歳を迎えてからはほとんどそれもなし。きっとそういうもんですね。

さて、息子は1歳2ヶ月になりますが、未だに歩くよりもハイハイの方が好きみたいで、もっぱら移動はハイハイか抱っこ。身長が高いので、きっとバランスを取るのが難しいのかな。

息子より1ヶ月早く生まれた同僚Aちゃんの娘ちゃんはすでに一人で自由に歩いているし、息子より1ヶ月遅く生まれた同僚B君の娘ちゃんもすでに歩いている模様。親としては少し焦るところだけれど、子どもの成長はそれぞれ。子どものペースを尊重して、今はハイハイしている息子の姿をたっぷり見ておこうと思います。

息子の食事については、結構前からどろどろの離乳食は卒業していて、今は普通にパンとかご飯、肉や野菜など何でも好き嫌いなく食べてくれています。一人で手でつまんで食べてくれるので、私も以前よりゆっくり食事を楽しめています。友人Cちゃんの息子君は息子と1ヶ月違いだけれど、未だに固形物は食べてくれないらしく、すべてミキサーにかけて食事を与えているそうなので大変。息子が好き嫌いなく食べてくれる子で本当によかったー。

 

クリックお願いします↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村