バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)について語っています。2016年の2回の人工授精を経て、2017年1月から体外受精開始。現在妊娠中で、11月に出産予定。

体外受精:子宮内膜準備時の注意事項

子宮内膜準備についてちょっと掲載が遅くなりましたが、スペインで不妊治療を受ける方の参考になればと思い、載せておきます。

病院からもらった子宮内膜準備時の注意事項にはこんなことが書いてありました。

 

"-子宮内膜準備が必要なのは、卵子提供を受けて移植を行う場合と凍結胚移植の場合です。

-子宮内膜準備の治療は、生理2日目から始まります。

-生理が来たら病院に電話して、生理5日目の日に診察を入れてください。

-生理2日目の朝からProgynova(プロギノバ)の服用を始めてください(8時間ごとにプロギノバ1mgを2錠服用)。

-薬の副作用は生理時に感じる症状と似ていて、例えば軽度の頭痛、情緒不安定、胸の張り、腹部の痛み、おりものの量の変化、吐き気、嘔吐などです。薬の服用から2時間経たずに嘔吐した場合は、再度同じ量を服用してください。

-薬の飲み忘れがないように注意してください。

-不正出血が見られた場合は、すぐに病院に連絡してください。

-移植日まで薬の服用を続け、移植日以降も医師の指示に従い服用を続けてください。

-移植後に医師からウトロゲスタンの使用指示があるので、その指示に従ってください。"

 

子宮内膜準備の治療では一切自己注射はなく、プロギノバ(錠剤)を8時間ごとに飲むだけでした。ただ移植日4日前からプロギノバを飲む時間と同じ時間にウトロゲスタンの膣挿入が始まりましたが、採卵前と比べると本当に不妊治療をしているのかと思うほど身体的負担も精神的負担も少ない治療でした。

 

クリックお願いします↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
にほんブログ村

D18 移植日 BT(胚盤胞移植)0

本日、移植日となりました。

仕事を早退し、同僚の付き添いのもと病院に行きました。病院に着いて化粧を落とし、手術室のある2階に向かいました。同僚は待合室で待機。

手術待機室に入り、採卵日の時と同じように手術着とキャップ、靴下を履いて先生が来るのを待ちました。ちょっと経ってから先生が来て、

胚盤胞、きれいなのができてるよー」と印刷された用紙を見せられてびっくり!!なんと胚盤胞が2つ写っていたのです。

「あれ先生、移植する胚盤胞は1つにすることになったはずじゃ?」

「あ、そうだったっけ?あぁ、そうだそうだ。じゃ1つはもう一回凍結しておくね」

って簡単に解決。融解後にまた凍結ってできるんですね(この話を付き添ってくれた同僚に話したら、「お肉を一回解凍したら再冷凍はできないのに、人間胚はできるのね」と笑っていました)。

融解された2つの胚盤胞を見た瞬間、やっぱり胚盤胞を2つお迎えするのが私の「運命」なのかもしれないと本気で思いました。そのことは過去の記事に書いています。

"どこかで「双子の育児」が私の運命のような、そんな錯覚を覚えることがあります。これは憧れという軽い気持ちではなく、あたかも決まっていたようなそんな感覚です。"

barcelona-funinchiryo.hatenablog.com

でもそれと同時に、これが「運命」ではなく運命の「いたずら」だったら?とも思ったのです。だからすごく迷ったけれど、今回は胚盤胞1つだけをお迎えすることにしました。でも、もし仮に今回の移植がうまくいかなければ、次の移植は胚盤胞2つでお願いしようと思っています。

<今回移植された胚盤胞

f:id:Barna:20170216011156j:image

さて、当日は移植の1、2時間前から尿を溜めるように指示されていたのですが、いったいどれくらい溜めたらいいのかわからなくて、ネットで調べると尿を溜めすぎてお腹がパンパンで痛かったとか、溜めすぎて移植後に管で尿を出してもらったとか書いてあったので、私は尿意を感じる程度に抑えておいて、足りなければ病院でなんらかの指示があるだろうと考えて行きました。そして手術室で、エコー担当の看護師さんに尿の量を確認したら、「ちゃんと子宮見えているから大丈夫よ」と言ってもらえました。

移植は全く痛みもなく、10分たらずで終わりました。移植後はベッドの上で20分ほど仰向けの状態で待ち、その後着替えて待機室を後にしました。

移植を終えて同僚のいる待合室に向かう頃には主人も病院に着いていて、付き添ってくれた同僚に別れを告げ、主人と一緒に帰宅しました。

無事に胚移植を迎えられてよかった、これが率直な感想です。今回の胚移植で妊娠できるかどうかわからないけれど、今の私にできることは今回迎えた胚盤胞ちゃんの生命力を信じて、判定日まで「待つ」ことです。

 

クリックお願いします↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
にほんブログ村

体外受精:胚移植時の注意事項

病院からもらった胚移植時の注意事項にはこんなことが書いてありました。

 

"-治療前の飲食の規制はありません。

-胚移植の1〜2時間前からトイレを控えてください。適度に水分補給をしてください。

-手術室に入る前に手術着に着替え、髪はまとめてキャップに入れてください。配偶者の方も手術室に入ることができます。

-宝石、香水、ヘアスプレー、化粧は厳禁です。

-胚移植前に、いくつ移植するかが伝えられます。

-胚移植はおよそ5分から10分で終わり、その後30分ほど病院で横になった状態で待機してください。

-病院を出る前に、次回の診察を予約してください(胚移植から12日〜14日後に診察)。

-治療後は自宅休養し、車の運転は避けてください。激しい運動も避けてください。

-胚移植翌日は普段通りの生活をしてかまいませんが、湯船につかったりサウナやジャグジーなどの行為は避けてください。

-Utrogestan(ウトロゲスタン)200の投与を続けてください。

-凍結胚移植の場合は、Progynova(プロギノバ)の服用を続けてください。

-以下の症状が出たら病院へ連絡してください。

・38度以上の熱

・鎮痛剤を飲んでも治らない激痛

・大量の不正出血

・失神や激しいめまい"

 

さて、次回の記事は凍結胚移植当日の様子についてお伝えします。お楽しみに〜。

 

クリックお願いします↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
にほんブログ村

D17 凍結胚移植日前日

明日が本当に移植日かというくらい実感がありません。

今日は仕事が忙しくて、あっという間に1日が終わりました。移植のことを必要以上に考えなくて済んだので、よかったかもしれません。それに、一回の移植で妊娠できるなんて変な期待をしないようにしているので、そのおかげかもしれません。

明日はとにかく無事に移植が終わることを願うのみ。凍結胚盤胞ちゃん、無事に私の元に戻ってきておくれ!

 

クリックお願いします↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
にほんブログ村

D14 ウトロゲスタン挿入開始

来週の移植に備えて、今日からプロギノバの他にウトロゲスタンの膣挿入が始まりました(日本ではこのお薬、2016年から販売開始が認められた比較的新しいお薬なんですね)。

f:id:Barna:20170114024738j:plain

毎日8時間ごとに1つ膣挿入していきます。

ウトロゲスタンの使用を始めてから、頭痛、眠気などの症状が出てきました。翌日も副作用に悩まされ、一日中寝ていましたが、そのおかげでだいぶよくなりました。結局、ウトロゲスタンの副作用を感じたのを使用初日と次の日だけで、他の日は全く感じませんでした。体が薬に慣れたってことなのかな?とにかく良くなってよかったです。プロギノバとウトロゲスタンの使用は妊娠8週まで続きます。服用忘れにならないように、毎日携帯のアラームをかけてます。

この努力が妊娠へとつながりますように。

 

クリックお願いします↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
にほんブログ村

D13 凍結胚移植に一人で行くこと

凍結胚移植当日は、主人が仕事でどうしても休みが取れないので、移植の時は私一人で手術室に入るのですが、仕事が終わったらすぐに来てくれる予定なので、病院からは一緒に帰る予定です。

それを同僚A(私のお母さん的存在)が知って上司に話したところ、上司は「バルナ一人で行かせるなんて、そんなことはさせられない。当日はAも一緒に行ってあげなさい」と上司から同僚Aに付き添い命令が出ました。

私が外国に住んでいて家族が近くにいないことを知っているので、私が一人にならないようにと配慮してくれたのです。日本じゃ凍結胚移植だったら女性一人で病院に行くのは普通だとネットで読んでいたので、私も特に一人で行くことに抵抗はなかったのですが、スペイン人の同僚と上司にとっては、移植というそんな大切な日を一人で迎えるなんて、と主人が行けない代わりに職場の誰かが付き添えたらと考えてくれたのでしょう。そんな配慮ができる上司のもとで働ける私って、本当に幸せ者だと思います。

同僚はただ私と一緒に病院に行って、主人が来るまで待合室で待っているだけ。手術室は下半身裸になるので、さすがに同僚の前ではやっぱり恥ずかしいので、移植の時は手術室に私一人で入ることにしました。それなのに、「移植というバルナにとって大切な日に、私が同じ空間にいられるだけで嬉しい」と言ってくれた同僚には、もう感謝の言葉しかありません。

 

Moltes gràcies!

 

クリックお願いします↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
にほんブログ村

D13 診察+凍結胚の融解・移植同意書

移植日前最後の診察に行ってきました。

先生から子宮内膜ばっちりと言ってもらえました。ということで、次の日からウトロゲスタンをプロギノバを服用する時間と同じ時間に、膣挿入するように言われました。最後に凍結胚の融解・移植同意書を提出し、病院を後にしました。

ついにここまで辿り着きました。これで移植日まで、もう診察はありません。去年の年末に体外受精を受けると決めてからもうすぐ2ヶ月。ここまで順調に来ているけれど、もしかしたら今後うまくいかないこともあるかもしれない。それでも今はここまで無事に着けたことを祝い、今できることを精一杯やっていこうと思います。移植前に体調崩さないように気をつけます!

移植までもうすぐだ!

 

クリックお願いします↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
にほんブログ村

D11 アンドラから薬が届く

ちょっと前の記事で、アンドラの薬局で薬をインターネット注文したと書きました。

barcelona-funinchiryo.hatenablog.com

その薬が無事に届きました。薬局の迅速な対応に感謝です。病院から勧められたこの薬局は、ホームページから商品を選んで購入するという方法ではなく、メールかファックスで注文をするので、支払いもクレジットカードか郵便為替のみ。クレジットカードだとカード番号を薬局側に連絡する必要があるので、不正使用されないか心配だったのですが、そんな心配はご無用。アンドラの薬局情報はbarcelona.funinchiryo@gmail.comまで連絡ください。100%オススメできる薬局です。

今回購入したプロギノバは、同じプロギノバでもフランス語表記です。そういえばフランスから取り寄せるって言ってたな。

プロギノバ(Progynova) 2mg 60錠 28, 50ユーロ(1日3錠服用)

f:id:Barna:20170209023115j:plain

ちなみにスペインのプロギノバはこちら↓

プロギノバ(Progynova) 1mg (たったの)20錠 17, 17ユーロ(1日6錠服用)

f:id:Barna:20170128183327j:plain

今回はせっかくなので、ウトロゲスタンも一緒に購入しました。まだ採卵後に使用したものが残っているけれど、妊娠8週まで挿入が続くので買っておいてよかったです。

こちらがアンドラから届いたウトロゲスタン↓

ウトロゲスタン 200mg 45カプセル  21,69ユーロ(1カプセルあたり0,50ユーロ)

f:id:Barna:20170209023147j:plain

スペインのウトロゲスタンはこちら↓

ウトロゲスタン 200mg 60カプセル  41,96ユーロ(1カプセルあたり0,70ユーロ)

f:id:Barna:20170114024738j:plain

体外受精の費用自体が高額なので、薬代をこういう形で少しでも抑えられるのは助かります。

 

クリックお願いします↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
にほんブログ村