読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)について語っています。2016年の2回の人工授精を経て、2017年1月から体外受精開始。現在、妊娠中。

BT12 血液検査の結果

妊娠の有無は、血液検査をしたその日の昼頃電話で伝えられました。 「バルナさん、おめでとうございます。血液検査で陽性反応が出ています。数値も793,40といい数値です。」 陽性と聞いて嬉しい反面、流産経験者としてはやはり安定期に入るまでは喜べません…

BT12 診察日(判定日)

移植日から12日が経ち、移植後最初の診察日(判定日)がやってきました。スペイン語で妊娠判定のことをBETA(ベータ)と呼びます。 判定日前夜はなんとなくそわそわしてよく眠れず、診察が朝の早い時間に入っていたので睡眠不足のまま病院へ向かいました。診察…

BT11 妊娠検査薬陽性後の主人の変化

BT11は日曜日で、徒歩15分ほどのところに行く用事があったのですが、率先して主人が車で送り迎えをしてくれました。 私は歩いて行くつもりだったのですが、主人なりの妊婦(一応)の私へのサポートなんだと思い、お言葉に甘えて行きも帰りも車移動させてもらい…

BT10 お腹が痛い

BT10は土曜日で仕事がお休みだったので、久しぶりに一人でのんびりショッピングに行ってきました。ゆっくり過ごしていた中、なんだかお腹が痛い。それも針で刺されるような鋭い痛みが何回かあり、もしや胚盤胞に何か起こっているのではないか...と不安になり…

BT9 職場での軽食パーティー

今日は職場での軽食パーティーでした。 軽食の中には、サンドイッチやフォカッチャの他に、妊娠中は避けた方がいい生ハム、生サーモン(しかも、ジントニック漬け)もありました。 まだ病院での判定日まで数日ありますが、先日の妊娠検査薬での陽性反応後は一…

BT9 フライング検査2

フライング検査翌日、今度はうちにあった安物の妊娠検査薬を使ってみました(懲りずに、また!?)。 うっすらですが、二重線が見えています。 思えば2015年に妊娠した時にも妊娠の事実が信じられず、高い妊娠検査薬と安物の検査薬の両方を使って妊娠を確かめ…

BT8 フライング検査

フライング検査は、来週の判定日前日にやろうと思っていました。それは、病院で陰性報告を受けた時に気持ちの覚悟をしておくため。 でも今朝、携帯を見ると大学時代の友人から妊娠報告メールが届いて、「これは何かの兆候かも!」とすぐさま妊娠検査薬を試し…

BT6 夢で妊娠検査薬を使う

とってもリアルな夢でした。 夢で使った妊娠検査薬の結果は…陽性でした。それもちょっと待った末の陽性。最初は陰性?と思わせておいて実は陽性という、なんともドラマに出てきそうな展開でした。 自分では妊娠の有無についてあまり気にしていないつもりだっ…

BT5 花粉症が辛い

2月の中旬辺りから、徐々に暖かくなってきたバルセロナ。春の訪れを感じる素敵な時期ではあるけれど、ただでさえ雨が降らないバルセロナ、花粉症持ちの私には辛い時期となりました。 目がかゆい、鼻水たれたれ、くしゃみも出る出る…とはいえ薬を飲まなくても…

BT0〜BT5:症状

凍結胚盤胞移植直後から5日目までに感じた症状をまとめました。 移植直後から下腹部にチクチクした痛みがあり、翌日(BT1)からは右卵巣付近の痛みがありました。週末にあたるBT3とBT4はほとんど症状がなく、胚移植直後ってもっと症状があるものだと思っていた…

バルセロナの不妊治療専門クリニック

バルセロナで不妊治療を検討している方の参考になればと思い、不妊治療専門クリニック一覧を掲載しているリンクをご紹介します。 https://www.reproduccionasistida.org/zona/clinicas/barcelona/ リンクを見ると、バルセロナ県だけで30以上もの不妊治療専門…

BT2 会社の食事会

今日は会社の食事会でした。 海沿いのレストランで美味しいパエリアを食べてお腹いっぱいになりながら、少しだけ白ワインと発泡酒ワインもいただきました。 食事会には社長も同席していて、私の胚移植のことは上司を通して知っているのですが、帰り際に別れ…

体外受精:子宮内膜準備時の注意事項

子宮内膜準備についてちょっと掲載が遅くなりましたが、スペインで不妊治療を受ける方の参考になればと思い、載せておきます。 病院からもらった子宮内膜準備時の注意事項にはこんなことが書いてありました。 "-子宮内膜準備が必要なのは、卵子提供を受けて…

D18 移植日 BT(胚盤胞移植)0

本日、移植日となりました。 仕事を早退し、同僚の付き添いのもと病院に行きました。病院に着いて化粧を落とし、手術室のある2階に向かいました。同僚は待合室で待機。 手術待機室に入り、採卵日の時と同じように手術着とキャップ、靴下を履いて先生が来るの…

体外受精:胚移植時の注意事項

病院からもらった胚移植時の注意事項にはこんなことが書いてありました。 "-治療前の飲食の規制はありません。 -胚移植の1〜2時間前からトイレを控えてください。適度に水分補給をしてください。 -手術室に入る前に手術着に着替え、髪はまとめてキャップに入…

D17 凍結胚移植日前日

明日が本当に移植日かというくらい実感がありません。 今日は仕事が忙しくて、あっという間に1日が終わりました。移植のことを必要以上に考えなくて済んだので、よかったかもしれません。それに、一回の移植で妊娠できるなんて変な期待をしないようにしてい…

D14 ウトロゲスタン挿入開始

来週の移植に備えて、今日からプロギノバの他にウトロゲスタンの膣挿入が始まりました(日本ではこのお薬、2016年から販売開始が認められた比較的新しいお薬なんですね)。 毎日8時間ごとに1つ膣挿入していきます。 ウトロゲスタンの使用を始めてから、頭痛…

D13 凍結胚移植に一人で行くこと

凍結胚移植当日は、主人が仕事でどうしても休みが取れないので、移植の時は私一人で手術室に入るのですが、仕事が終わったらすぐに来てくれる予定なので、病院からは一緒に帰る予定です。 それを同僚A(私のお母さん的存在)が知って上司に話したところ、上司…

D13 診察+凍結胚の融解・移植同意書

移植日前最後の診察に行ってきました。 先生から子宮内膜ばっちりと言ってもらえました。ということで、次の日からウトロゲスタンをプロギノバを服用する時間と同じ時間に、膣挿入するように言われました。最後に凍結胚の融解・移植同意書を提出し、病院を後…

D11 アンドラから薬が届く

ちょっと前の記事で、アンドラの薬局で薬をインターネット注文したと書きました。 barcelona-funinchiryo.hatenablog.com その薬が無事に届きました。薬局の迅速な対応に感謝です。病院から勧められたこの薬局は、ホームページから商品を選んで購入するとい…

D11 診察:移植胚数について

前回の記事で、移植胚数に迷いが出たと書きましたが、それから2日後のD11に、先生の意見を聞きに病院に行ってきました。 先生は、1.胚盤胞の質(9つあるうちの3つはAクラスの優等生)、2.私の年齢(31歳)を考えて、「医師としての意見を述べるなら、今回の…

D9 診察+胚移植日決定

D9、生理後2回目の診察でした。 凍結胚移植周期は採卵周期と違って診察が少なめ。治療といった治療も、プロギノバを8時間ごとに服用するだけなので、本当にもうすぐ移植なのか?とびっくりするくらい実感がありませんが、そのおかげで緊張せずに移植日を迎え…

D8 主人と外食:子供の名前

D8は2月最初の日曜日だったので、バルセロナの冬の風物詩であるカルソッツ(calçots)を食べに行きました。カルソッツはバルセロナで栽培されているネギで、2月頃からレストランではカルソッツメニューが始まります。 こちらがカルソッツ↓ http://www.elle.co.…

D5 エド・シーランのコンサートチケット

2015年に妊娠がわかった時、何かと神経質になってしまって、やりたいことがあっても「体に障るから」とセーブすることがありました。その一つが好きなアーティストのコンサートに行くこと。本当は行きたかったけれど、コンサートの時は妊娠◯ヶ月だからつわり…

D4 診察

生理4日目、生理が来てから最初の診察でした。 生理2日目から飲んでるProgynova(プロギノバ) 1mgがすでに切れそうなので、そもそもいつまで服用するのか聞いたところ、なんと妊娠8週まで服用を続けなければならないのだそうです。1箱に20錠しか入っていない…

D2 病院に電話

1月29日(日)に採卵後初めての生理が来ました。採卵から10日後、生理予定日より4日早く来たことになります。ということは、移植日も4日ほど早まるということ!不妊治療中に生理が早く来てこんなに嬉しかったことは、初めてかもしれません。 一夜明けて病院に…

D23 友人とお茶

先週の日曜日、久しぶりにドイツ人のお友達とお茶してきました。現在彼女は2人目を妊娠中で、3月に出産予定。 思えば彼女とは2年ぶりのお茶でした。街で会うことはあっても立ち話程度で、お互い忙しくて「また今度お茶でもしながら話そう」と言ってはそれき…

移植準備に必要なお薬を買う:Progynova(プロギノバ)

採卵日から1週間後の診察で卵巣の状態を確認後、先生から生理2日目から飲み始める薬を処方されました。それが Progynova(プロギノバ)というお薬で、調べてみると更年期障害?!の治療で処方されるお薬らしい。ただ、不妊治療でも使われる女性ホルモン剤で、…

D20 ドスティネックス服用最終日+ある人が不妊治療していた

今夜、最後のドスティネックスを飲みました。これで生理が来るまで特に病院からの指示はありません。 さて、私は毎週習い事に通っているのですが、その習い事の先生(男性)に去年可愛い息子さんが生まれて、実はその子を授かるまでに人工授精、体外受精を試…

D19 診察後、病院からの連絡

朝のうちに診察を終えて、それからいつも通り出勤。仕事中、5個の受精卵のその後が気になっていました。電話が鳴ったのは夕方頃で、病院からでした。ドキドキ... 「5つの受精卵のうち、2つが胚盤胞まで育ち、本日凍結しました。これで凍結胚盤胞は全部で9つ…

D19 採卵後の診察

今日は、採卵後初めての診察でした。 卵巣の過剰刺激が改善されたかどうか心配でしたが、内診後に先生から「卵巣の張りはあるけれど、心配するほどではない」と言ってもらえて安心しました。最悪、卵巣過剰刺激症候群で入院とかあるそうなので、軽度で済んで…

D18 病院から受精卵の最新情報

受精卵が13個できたという連絡を受けたのは先週の金曜日ですが、その時に言われたのは、 「遅くとも来週の水曜日か木曜日までには、13個の受精卵のその後について連絡します」でした。 それから4日が経過し、連絡まだかなぁと思っていた日の夕方に病院から電…

D16 卵巣過剰刺激によるお腹の張り+薬の副作用

お腹の張りは、体外受精で自己注射を始めた辺りから気になっていましたが、採卵日翌日からさらに張るようになって、直立で歩くとお腹が引き伸ばされて普段通りに歩くのが難しくなりました。お腹にガスが溜まっているような感覚で、それが本当にガスなのか、…

体外受精でかかった治療費の総額

体外受精がひと段落ついたところで、今回かかった治療費の総額をまとめたいと思います。 体外受精費用 5000ユーロ 子宮内膜準備及び凍結胚融解費用 500ユーロ(採卵と同周期に移植とならなかったため) 薬代 1000ユーロ --------------------------------- …

体外受精の流れ2

一通り採卵まで終わったので、前回の記事、体外受精の流れ1の続きを書いていきたいと思います。 メノプールとプレゴンで卵胞を育ててある程度熟成してきたら、今度は排卵が起きないようにするお薬、Orgalutran(オルガルトラン)を打っていきます。つまり、自…

D14 採卵日翌日:病院から連絡

採卵日翌日、12時ごろ病院から連絡がありました。 「採取された18個の卵子のうち、成熟卵は15個でした。そのうちの13個が受精しました。これから分裂を重ねて、最終的にいくつ凍結できるかは来週改めて電話します。」 受精卵が13個!? 18個の卵胞から、受精…

体外受精:採卵後の注意事項

病院からもらった採卵後の注意事項には、こんなことが書いてありました。 "-採卵後24時間は車の運転ができません。 -採卵から胚移植の24時間後まで性行為は避けてください。 -採卵後に痛みがある場合は、Paracetamol(パラセタモール)500mg/1000mgを服用して…

D13 採卵日当日

D12の採卵日前日は、特に注射も飲み薬もなかったのでのんびり過ごし、リラックスした状態で採卵日を迎えました。 採卵日当日は絶飲絶食。8時に病院に到着し、手術待機室へと案内されました。そこで服を脱いで、準備された手術着とキャップ、靴下を履いて順番…

D11 採卵日前々日

採卵日前々日の朝、排卵を抑える薬のオルガルトランを皮下注射しました。朝は出勤前でバタバタするから大丈夫かなと心配だったのですが、何事もなく終了。副作用もなく、無事に仕事を終えました。 その夜、先生から指定された時間に排卵を起こさせるオビトレ…

体外受精のお薬を買う5:ウトロゲスタン+ドスティネックス+抗生剤

体外受精で処方された薬で、皮下注射じゃないお薬はこちら。 黄体ホルモン製剤のUtrogestan(ウトロゲスタン)と卵巣過剰刺激症候群(OHSS)対策用のDostinex(ドスティネックス) 。そして、主人用に抗生物質のazitromicina(アジスロマイシン)が処方されました。 …

D10 診察+採卵日決定

D7での診察から3日後、今日も朝一に診察を入れてもらいました。 メノプールとプレゴン、そしてオルガルトランの皮下注射の3本打ちを三日間無事にこなし、こちらが使用した注射針+注射器たち。頑張った証として写真を撮りました。 恐怖の自己注射3本打ちはあ…

D8 自己注射3本打ち 2日目

自己注射3本打ち、初日は無事に終わりました。が、これを最低でも次の診察まで、つまり3日間は続けることになり、大丈夫だろうかと気持ちが萎えている中、ブログ村の「海外不妊治療」のバナーを過去記事につける作業をしていました。2016年9月から今まで書い…

体外受精のお薬を買う4:Ovitrelle(オビトレール)

今日は、人工授精でもお世話になった約36時間後に排卵を起こさせる薬、Ovitrelle(オビトレール)の紹介です。これもメノプール、プレゴン、オルガルトラン同様皮下注射です。 他の薬はいつも取り寄せとなるのに、このオビトレールだけはどこの薬局で注文して…

D7 自己注射3本打ち

自己注射が始まって6日目の今日から、毎晩メノプールとプレゴンに加え、排卵を抑える薬のオルガルトランの皮下注射を始めました。 いくら自己注射慣れしている私でも、注射針3本となるとさすがに緊張しました。しかも、オルガルトランの注射針は、メノプール…

D7 診察+皮下注射3本に

今日は診察日。出勤前に病院に行ってきました。今回も予約時間通りに診察が始まり、いつもどおり10分ほどで診察終了。診察が長引いて仕事に遅れることもないので、助かります。 さて、超音波検査の結果、今のところ卵胞は両卵巣合わせて、12個育っていました…

体外受精のお薬を買う3:Orgalutran(オルガルトラン)

以前の記事で、Menopur(メノプール)1200とPuregon(プレゴン)900を購入したと書きましたが、まだまだ処方されたお薬はあります。その一つがOrgalutran(オルガルトラン)という排卵を抑える薬で、これもMenopur(メノプール)とPuregon(プレゴン)同様、皮下注射… …

D5 診察+血液検査

今日は診察日で、出勤前に病院に行ってきました。 超音波検査で卵巣を確認すると、卵胞が5つほど育っていました。先生には、私の場合もっと薬の反応が出て育つと思ったから薬の量を通常より減らして指示したけど、実際の成長は標準だから、メノプールの量を1…

D3 診察

生理が来てからすぐ病院に電話して、生理3日目に診察を入れました。生理が始まると、卵巣の状態を見るため2日に1回のペースで病院通いです。 今日からMenopur(メノプール)のお薬を75から、110にあげるように言われました。 自己注射2日目、Menopur(メノプー…

D2 体外受精失敗のブログを見て落ち込む

体外受精で処方されたお薬は、前回の記事で紹介したPuregon(プレゴン)とMenopur(メノプール)以外にもまだあって、どんなものかとググってたどり着くのは、私と同じように海外で不妊治療を受けている女性のブログ。そのほとんどが体外受精2回目、3回目...とか…

D2 自己注射開始!

1回目の体外受精に向けて、自己注射を始めました。 今回は人工授精の時にもお世話になった排卵誘発剤Puregon( プレゴン)に加え、Menopur(メノプール)も追加です。Menopur(メノプール)の注射針の痛みがどのくらいなのか心配ではありましたが、私の気持ちは堅…