バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)について語っています。2016年の2回の人工授精を経て、2017年1月から体外受精開始。現在妊娠中で、11月に出産予定。

人工授精前々日:排卵誘発剤の自己注射

今日の夜に、Ovitrelle(オビトレジェ)という排卵誘発剤を打ちました。

箱を開けるとこんな感じ。51ユーロなり。

f:id:Barna:20161004051442j:image

針を装着して、準備完了。針はプレゴンよりも細い印象を受けました。

f:id:Barna:20161004051541j:image

このお薬の自己注射は初めてだったので、痛かったらどうしよう…なんて考えてたら心臓がバクバクし始め、何度も刺すのを躊躇してしまいました。最後は、赤ちゃんのため!!!と覚悟を決めて打ってみると、全然痛くない!プレゴンは、打った数秒若干の痛みがあるのにこれは全くない。躊躇してた自分が恥ずかしくなりました。

さて、これにて自己注射終了です。あとは人工授精の日までリラックスして過ごすのみ。

人工授精一回で妊娠する率は低いと聞いたけれど、神様、どうか私の元に赤ちゃんが来てくれますように!

 

クリックお願いします↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
にほんブログ村