バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)について語っています。2016年の2回の人工授精を経て、2017年1月から体外受精開始。現在妊娠中で、11月に出産予定。

人工授精当日

本日、人工授精が行われました。

人工授精実施の2時間前に主人は精子を提出(病院の採精室を使用)し、私は治療の時間になるまで仕事をしていました。仕事を終え病院に向かい、主人と病院で合流。名前が呼ばれて診察室に入ると、早速治療が始まりました。カテーテルのようなものが挿入され、「今から精子を注入するから少し痛いかもしれない」と先生に言われましたが、頭の中では、「でも、インターネットでは全く痛くなかったというコメントが多かったから、へっちゃらだろう」なんて思っていたら、注入と同時に生理痛のような痛みが…耐えられないこともなかったけれど、てっきり無痛だと思っていたので、不意を突かれました…。注入後、5分ほど待つように言われ、横になった状態で7分ほど待ちました。

その後、人工授精費用750ユーロを払い、主人と病院をあとにしました。

結果がどうなろうとやれることはすべてやったので、あとは2週間後の診察までリラックスして過ごそうと思います。

ここまで順調に辿り着けて本当によかったです。B病院で初めて診察を受けてから、実はまだ一ヶ月も経っていないのですが、こうして今日無事に人工授精を終えることができました。1回目でうまくいくことはほとんどないと聞いていますが、それでもどうか1回目でうまくいってほしい、そう願わずにはいられません。

赤ちゃん、どうか私の元に来てください!!!

 

クリックお願いします↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
にほんブログ村