バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)について語っています。2016年の2回の人工授精を経て、2017年1月から体外受精開始。現在妊娠中で、11月に出産予定。

診察後、不妊治療について主人と話し合う

先生との診察後、主人と3回目の人工授精を行うか、体外受精に移るか話し合いました。

結論としては、主人の意向を尊重して、1月6日の生理予定日まで生理が来るかどうか待ちますが(すなわちすぐには体外受精をしないで)、生理が来るようなら3回目の人工授精はせずに、次回の生理予定日からすぐに体外受精を始めることにしました。

私としては、すぐにでも体外受精を始めたいところだけれど、よく考えたら体外受精の治療が始まるのは生理予定日の1週間前、すなわち今から3週間後と意外とすぐに来ることがわかったので、耐えられそうです。

今日は詳しい体外受精の実施日を聞くために、また病院に行ってきます。今思うと、本当にこの病院にしてよかったです。前々日の夜に診察予約をしても、きちんと今日の希望の時間に予約が取れました。他の病院だったらそうは行かないと思います。それに、昨日自宅宛に病院からクリスマスカードが届きました。些細なことかもしれませんが、そんな心遣いが嬉しかったです。

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
にほんブログ村