バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)について語っています。2016年の2回の人工授精を経て、2017年1月から体外受精開始。現在妊娠中で、11月に出産予定。

人工授精で処方される薬

ここでは、2回の人工授精で処方されたお薬についてまとめます。といっても使ったのは2つだけ。

1.Puregon(プレゴン) 600   247,74ユーロ

f:id:Barna:20160923035515j:plain

 生理2日目:診察 - バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)

プレゴンペン(青いケースとペン)は病院から無料でもらえました。Puregon(プレゴン)は、生理3日目から皮下注射で投与開始。1回に50を投与し、それを約10日間同じ時間に注射します。痛みは慣れてしまうとほとんどありません。注射の仕方についてはこちらの動画を参考にしました。

youtu.be

 

2.Ovitrelle(オビトレル) 250ミクログラム 50,63ユーロ

f:id:Barna:20161003043440j:plain

自己注射開始から10日目:診察 - バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)

Puregon(プレゴン)を約10日間皮下注射した後、排卵を促す薬のOvitrelle(オビトレル)の皮下注射を先生から指示されます。この注射のおよそ36時間後に排卵が起こるようになっています。注射時の痛みはPuregon(プレゴン)よりも弱く、ほとんどありません。ビビリの私でも問題なく注射できました。注射の仕方についてはこちらの動画を参考にしました。

www.youtube.com

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
にほんブログ村