バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)について語っています。2016年の2回の人工授精を経て、2017年1月から体外受精開始。現在妊娠中で、11月に出産予定。

D2 自己注射開始!

1回目の体外受精に向けて、自己注射を始めました。

今回は人工授精の時にもお世話になった排卵誘発剤Puregon(

プレゴン)に加え、Menopur(メノプール)も追加です。Menopur(メノプール)の注射針の痛みがどのくらいなのか心配ではありましたが、私の気持ちは堅い、痛くったって負けないぜ!と覚悟を決め、メノプールの下準備に入りました。まずは薬を混ぜる作業から。2つの液体と粉末を混ぜます。

f:id:Barna:20170109061900j:image

次に、混ぜた液体を使い捨て注射器に含ませ、準備完了!覚悟を決めてお腹に刺すも、針がなかなか入っていかなくてちょっと動揺しましたが、なんとか皮下注射終了。針の痛みは特になく、これなら毎晩続けられそう。

次にPuregon(プレゴン)の注射へ。もう人工授精の時に毎晩皮下注射してたので、躊躇なくブスッといけました。

ただ、2つの皮下注射&久しぶりの自己注射とあって手際よく進められず、2つの注射を終えた時にはこんな状態に…

f:id:Barna:20170109062201j:image

主人はテーブルを見るなり、「バルナ、なんかジャンキー(薬物中毒者)みたいだね」 と笑っておりました。

明日も自己注射頑張るぞー!

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
にほんブログ村