読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)について語っています。2016年の2回の人工授精を経て、2017年1月から体外受精開始。現在、妊娠中。

D20 ドスティネックス服用最終日+ある人が不妊治療していた

今夜、最後のドスティネックスを飲みました。これで生理が来るまで特に病院からの指示はありません。

さて、私は毎週習い事に通っているのですが、その習い事の先生(男性)に去年可愛い息子さんが生まれて、実はその子を授かるまでに人工授精、体外受精を試し、どれも結果が出なくて、子供をあきらめかけた時に息子さんができたという話を今日聞きました。リラックスするとできるっていうけど、本当にあるんですね。

それで、先生から私を含む既婚学生に「子供はほしい?」みたいな質問が自然の流れでやってきて、私はもちろんこういう質問には決まって「いつかは欲しいですねぇ」と当たり障りのない回答をしています。先生には「僕から言えることは、子供は欲しい時にできるものじゃないから、ほしいならなるべく早めに考えておいたほうがいいと思う」と言われたので、心の底では「うんうん、そうなんですよねー私たち夫婦の場合もそうでした」と返したかったし、「だから今不妊治療をしていて、先週採卵日でした。お陰様で9個の凍結胚盤胞ができ、あとは移植を待つのみです」とシェアしたかったです。でも、不妊治療に関しては、うまくいかなかった時のことを考えると、できれば最小限の人のみに知らせておく方がベストだと一昨年の流産の時に痛感しているので、話したくてもぐっと我慢しました。

仮に今年運よく妊娠して安定期に入った時には、先生やクラスメイトに妊娠を報告したいと思います。

 

クリックお願いします↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
にほんブログ村