読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)について語っています。2016年の2回の人工授精を経て、2017年1月から体外受精開始。現在、妊娠中。

BT23(6w0d) 一難去ってまた一難:再出血

病院で胎嚢を確認できてから2日後、また結構な不正出血がありました。今回は前回よりもっと多めの出血で、たとえるなら生理1日目や2日目の出血量でした。今回ばかりはもう胎嚢が流れてしまったかもしれないと思う反面、実際に膣から胎嚢が出てきた様子はないので「バルナ、落ち着け!!」と言い聞かせながら病院に電話。運良く先生の診察時間に空きがあるようで、急遽その日に診てもらうことになりました。

病院に着いてエコーで確認してもらうと、2日前と様子は変わらないとのこと。不思議と診察に行く頃には出血も止まっていて、まるで何もなかったかのようでした。先生にはエコーの後で、冗談で笑いながら「バルナは僕にそんなに会いたかったんだね〜なんならここに暮らす?エコーが24時間できるよ」と言われました笑。お茶目な先生です。

さて、次回の診察は5日後のBT28(6w5d)です。胎芽、心拍確認できたらいいな。

 

クリックお願いします↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
にほんブログ村