読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)について語っています。2016年の2回の人工授精を経て、2017年1月から体外受精開始。現在、妊娠中。

BT39(8w2d) 実母に妊娠を報告

私たち夫婦は、お互いの家族に不妊治療のことは一切話していません。妊娠判定が出てからも、親族の誰にも妊娠の報告はしていませんでした。親族、特に両親への報告のタイミングは、早くても9週を過ぎてからにしたいと考えていました。それはやはり、最初の妊娠で流産宣告を受けたのが心拍確認後の8w5dの時で、流産したのが9週だったので、今回無事に9週過ぎたら両親だけには報告したいと考えていました。

そして今日、久しぶりに母とライン電話をしたのですが、ちょうど兄が実家に遊びに来て帰っていった直後だったようで、そこで嬉しい報告があったとのこと。それは、兄のお嫁さんが待望の第2子を妊娠したそうで、出産予定日が12月とのこと。それを聞いて、心の中では「ちなみに私は11月...」と口が滑りそうになりました。報告したいけれどまだ8週ちょっとで、また流産して悲しませてしまうのでは...と、ぐっと言いたいのを抑えてたわいもない会話を続けました。そして、じゃ〜また電話するね〜と最後の締めの時に、「ところでバルナはどうなの?」と何気なく聞いてくる母、しかも絶妙なタイミングで。もう言っちゃえ〜ということで、「お母さん、実はね、私今8週で、もうすぐ9週。もう少し経ってから報告しようと思ったんだけどさ。出産予定日は11月だよ」と報告しちゃいました。母はとても喜び、「今日は嬉しい知らせが2つも聞けて、お母さん嬉しいわ〜」と声が弾んでいました。母に、くれぐれも誰にも言わないようにと口止めすると、「大丈夫、大丈夫!お父さんにしか言わないから。」と早速私の意図を理解していない(笑)。うちの家族は(私も含め...笑)秘密を守れない人が多いので、今のところ私の妊娠は、母だけに留めておいてもらうことにしました。無事に9週過ぎたら、父や兄弟にも少しずつ報告していこうと思います。どうか、無事に9週が過ぎますように。

 

クリックお願いします↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
にほんブログ村