バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)について語っています。2016年の2回の人工授精を経て、2017年1月から体外受精開始。現在妊娠中で、11月に出産予定。

27w0d 妊婦健診と血糖値負荷検査の結果

母親学級の後は、1ヶ月ちょっとぶりの妊婦健診がありました。

最初に体重測定があり(問題なし!ホッ...)、エコーの前に子宮口が閉じているかの確認。そしてエコーで赤ちゃんの様子を確認しました。赤ちゃんの顔が映し出された時に、すかさず赤ちゃんが手で顔を隠すような仕草をしていました。恥ずかしがり屋の我が子です。成長度はまさに平均値ドンピシャ。体重はすでに1キロを超えていました。

血糖値負荷検査の結果については良好ということで、恐れていた食事療法はしなくていいそうです。ただ、鉄分の数値が前回の血液検査から下がっているということで(妊娠中はよくあることだそう)、現在服用中のサプリ以外に2日に1回鉄分を摂取するように言われました。

こちらが処方された鉄剤↓

f:id:Barna:20170805215107j:image

中を開けるとこんな感じで、ボトルに入っています↓

f:id:Barna:20170805215118j:image

それから尿タンパクのセルフチェックをするように言われ、この検査キットを購入しました。妊娠検査薬のように試験紙に尿をつけて調べます。パッケージに目安の色が出ているので、基準値以上であれば病院に電話するように言われました。

f:id:Barna:20170805215142j:image

気になる胎盤の位置でしたが、若干低めではあるけれどこのまま順調にいけば、帝王切開ではなく経膣分娩でなんら問題ないということでした(ちなみにスペインでは通常、無痛分娩)。

診察の最後に、4Dのエコー検査(有料)を受けたい旨を伝えると、「それならすぐに検査予約入れて撮ったほうがいい。そろそろ胎児が大きくなってうまくエコーに写らない可能性がある」と言われ、翌週に予約を入れました。

立体的な我が子に会えるのが今から楽しみです。

 

クリックお願いします↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村