バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠・出産・育児記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)、妊娠、育児について語っています。2017年10月に男児を出産。

31w5d 尿失禁?破水?急きょ病院へ

朝起きると、ベッドが濡れていました。夜中に一度トイレに行ったから、尿失禁ではなく、もしや破水!?!とパニックになる私。その場でネット検索し、「破水だと自分の意志とは関係なく羊水が出る」とか「私の場合はちょっとしたら治ったけど、実は破水していた」とかいろんな意見が。ベッドのシミはアンモニア臭もするけれど、でもなんか違う匂いもするような、、、とにかく自分で判断しないで病院に相談することが大切と書いてあったので、診療時間になったと同時に病院に電話して診察予約を取りました。

診察では、子宮口が閉まっていることを確認してもらって、結果ただの尿失禁だったとわかったのでよかったですが、かなり焦りました。また、この日の翌々日に妊婦健診を入れていたので、「せっかく来たんだし、ついでに今日妊婦健診もやってしまいましょう」と言われ、予想外の妊婦健診スタート。

まずは私の体重測定。毎日のようにアイスを食べていたので急激な体重増加を心配していましたが、前回の妊婦健診から2キロほど増えているだけで(この時期は1週間に500gのペースで増えるそう)、基準値内で問題ありませんでした。そして、超音波検査。赤ちゃんは元気に成長していて、体重も1,8キロほどに成長していました。まさに平均的な成長ぶり。また、先生に「この子はもう髪の毛が生えていますよー長くて、ほら水の中でなびいている(笑)」と笑って教えてくれました。いつも美容師さんに「あなた髪の量多いわねー」と言われる私の血を引いてるようでした。そして、お顔もちょっとだけですが、見せてくれました。ちょうど顔の前にへその緒があるので鮮明には見えませんでしたが。

それがこちら↓

f:id:Barna:20170912232956j:image 

早く我が子をこの腕に抱きたいと思っていましたが、実際そのような状況になると思うと、やっぱりまだ標準体重になるまではお腹の中で成長してほしいなと思ったりするわがままな親なのでした。とにかく何もなくてよかった。

 

クリックお願いします↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村