バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠・出産・育児記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)、妊娠、育児について語っています。2017年10月に男児を出産。

時差ボケ

2週間の日本滞在からバルセロナに戻ってきて、息子は絶賛時差ボケ中。夜中ただでさえよく起きるのに、時差ボケでさらに起きるようになりました。便秘気味になり、食欲も落ちていました。どこか落ち着きがなくて、これも全て時差ボケが関わっているので、とにかく治るまでの辛抱。

そして、保育園に連れて行くとまた泣くようになりました。やっぱり2週間ママとべったりな生活からのギャップはすごいものだと思います。保育園では午前寝はしないのですが、時差ボケのせいで眠いのか、常に先生に抱っこをせがんでいるそうです。かわいそうだけれど、またいつもみたいに笑顔で通ってくれる日を待つしかありません。

追記:時差ボケが治るのに、約1週間かかりました。