バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠・出産・子育て記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)、妊娠、出産後の子育てについて語っています。2017年10月に男児を出産。現在、二人目妊娠目指して奮闘中。

母乳育児継続中の私に同僚が言ってくれたこと

勤務先の同僚で、私とほぼ同時期に妊娠してママになったA子ちゃん。

A子ちゃん出産についてはこちら↓

barcelona-funinchiryo.hatenablog.com

A子ちゃんの妊娠発覚についてはこちら↓

barcelona-funinchiryo.hatenablog.com

A子ちゃんの娘ちゃんは、生後3ヶ月の時点で完ミに移行しています。母乳育児はそれこそ24時間赤ちゃんと一緒。A子ちゃんはその束縛に耐えられず&娘ちゃんのおっぱい拒否も重なって、早い段階で母乳育児を終えることになりました。そんなA子ちゃんのことを、私は内心羨ましかったりもしました。完母のため、息子と常に一緒にいなければならなかった産休中、A子ちゃんは妊娠中から通っていた習い事を継続していました。私はそんな心の余裕も時間もなく、妊娠前や妊娠中にやっていた習い事や趣味は一旦休止。
そんな状況が全く違う私たち。この前ふとA子ちゃんと育児の話になって、


「私ね、今でも母乳育児を継続してるバルナのこと心から尊敬してる。」


と言われ、びっくり&とても嬉しくなりました。こんな身近で私の頑張りを見て、応援してくれる人がいるのはとても恵まれていることだと思います。

A子ちゃんは、「もし二人目を作るなら、今度は絶対に母乳育児を継続したい!」と言っていました。

もちろん完母だからいいママだとか、完ミだからダメとかではなく、うちの息子は哺乳瓶頑なに拒否したので、おっぱいでしか栄養を補給できなかったけれど、同僚の娘ちゃんのように、おっぱいでは足りなくて、お腹空かせて泣いていた赤ちゃんを見て、ミルクを導入せざるを得なくなった同僚の気持ちを考えると、私は母乳分泌過多でおっぱいトラブルが耐えないけれど、でも息子の空腹を満たすだけの母乳を提供できることは素晴らしいことなんだと、今では思えます。

いつ断乳、卒乳になるかわからないけれど、今が今までで一番母乳育児を楽しんでいるような気がします。おっぱい飲む息子をなでなでする、そんな瞬間がものすごく愛おしい時間だったりします。こんな感情、息子が生まれてからほとんど感じなかったので不思議ですが、きっとママそれぞれにキュンキュンする瞬間が必ずやってきて、それが赤ちゃん誕生後すぐなのか、私のように息子が一歳になってからなのかわからないけれど、トキメキ時間は必ずやってくるんだと気づきました。