バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠・出産・子育て記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)、妊娠、出産後の子育てについて語っています。2017年10月に男児を出産。現在、二人目妊娠目指して奮闘中。

二人目妊娠目指して不妊治療費の情報収集

以前不妊治療でお世話になった先生が、数年前に不妊治療センターを創設したのもあって、今回不妊治療をすることになれば、私達夫婦はこの新しい不妊治療センターにて治療を受けることになります。先生のつながりで来たので、治療費は通常よりも安くなるとのこと。

さて、その胚移植費用ですが、総額1760ユーロ(約21万円)。

この費用に含まれるものとして、診察料、胚融解費用、胚移植費用、胚移植後の血液検査および1回のエコーです。

また、薬代はおよそ100ユーロ(約12000円)。

問題は、私がまだ授乳を続けていること。胚移植の準備で薬を飲み始めると、やはりそれが母乳に分泌してしまうとのことで、通常は断乳をしてから始めるのが一般的だとか。ただ、授乳を続けていてもできる治療法はあるということで、近いうち先生に直接話を聞きに行くつもりです。

イースター休暇に予定していた日本行きがキャンセルになったことで、それなら二人目妊娠に向けて今から本格的に始動しようと気持ちを固めることができました。日本旅行で使う予定だった旅費を、今回の不妊治療に当てようと思います。