バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠・出産・子育て記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)、妊娠、出産後の子育てについて語っています。2017年10月に男児を出産。現在、二人目妊娠目指して奮闘中。

二人目不妊治療:診察日予約&旦那の感染症検査

二人目の不妊治療に向けて、いろいろと動き出しました。

まずは診察日が決定。7月8日。

コロナウイルスの影響で3月に受けるはずだった診察が延期になり、やっと受けられます。

当時の様子はこちら↓

barcelona-funinchiryo.hatenablog.com

不妊治療を始めるなら息子の幼稚園の入園先がわかってから、と個人的に決めていました(公立校か私立校によって教育費も違ってくるので、今後の出費を知った上で不妊治療を始めたくて)。それがわかるのが7月7日。で、たまたま不妊治療センターから提案された診察日が7月7日というシンクロが起き、びっくり(結局7日は時間的に厳しかったので、翌日の8日に診察をお願いしました)。

そして、不妊治療を始めるにあたって必要だった旦那の感染症検査(採血)も無事終了。私よりも2週間遅く実施...やることがおそいんじゃ〜!!!と叫びたくなる気持ちをぐっと押し殺し、「不妊治療、7月7日以降に始めるって決めてるからなるべく早く検査受けてねー」とさりげなく呟く日々。そしてやっと、重い腰を上げて検査に行ってくれました。

これで無事に二人目妊娠に向けて、不妊治療始められそうです。