バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠・出産・子育て記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)、妊娠、出産後の子育てについて語っています。2017年10月に男児を出産。現在、二人目妊娠目指して奮闘中。

D12 息子の発熱+ 黄体ホルモン使用開始

凍結胚盤胞移植日まで残り5日。

そんなタイミングで息子が嘔吐、熱を出しました...もしやコロナ!?...と冷や汗。しかも、その日の夜からウトロゲスタン(黄体ホルモン)腟用カプセル使用開始(1日3回、8時間毎)。移植に向けて準備しても、息子がコロナ感染、私は濃厚接触者となって隔離...移植どころじゃなーーーい!とまだ起こってもいない現実を想像しパニックになりましたが、翌日息子はすっかりよくなっていて、安堵しました。

f:id:Barna:20210512210216j:plain

ウトロゲスタンを使用してからさらに体調の変化を感じ、きっとホルモン剤がばんばん体に入ってきて、妊娠に備えているんだなと感じます。息子の相手をしながらの不妊治療、無理せず休める時は休んで臨みたいと思います。

まずは無事に移植日を迎えたいです。