バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠・出産・子育て記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)、妊娠、出産後の子育てについて語っています。2017年10月に男児を出産。現在、二人目妊娠目指して奮闘中。

二人目不妊治療 BT0 Prolutex(プロルテックス)自己注射開始

凍結胚盤胞移植当日の夜から、Prolutex(プロルテックス)という黄体ホルモン(プロゲステロン)の自己注射を始めました。移植前から飲んでいた薬と膣錠(プロゲステロン)も引き続き使用します。

自己注射を始めることになった経緯はこちら↓

barcelona-funinchiryo.hatenablog.com

Prolutex(プロルテックス) 14日分128,51ユーロ

f:id:Barna:20210602200814j:plain

注射針1本 0,50ユーロ 細い皮下注射針1本 0,13ユーロ

f:id:Barna:20210603130205j:plain

日本語ではProlutex(プロルテックス)体験談が見つからなかったので、スペイン語で検索してみると、「痛い」の文字が...。すでにそれでびびってしまった私。ただ、実際に自己注射してみると、注射針の痛みはほとんどなく、これなら2週間無理なく続けられそうです。ただ、打ってからちょっと経つと、薬が入った場所を押すと痛いので、お腹周りのゆるいズボンが必須です。

www.youtube.com