バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠・出産・子育て記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)、妊娠、出産後の子育てについて語っています。2017年10月に男児を出産。現在、二人目妊娠中。2022年9月出産予定。

2021年1回目の凍結胚盤胞移植のまとめ

今回陰性に終わりましたが、凍結胚盤胞移植の流れをまとめてみました。2017年の不妊治療の時と大きく違うのは、移植日前日に採血が入り黄体ホルモン値を確認、そしてその数値によっては自己注射が入ることです。

D2 Progyluton(プロギルトン)の服用開始(8時間ごとに1錠)

D5 診察

D10 診察 +移植日決定

D12 ウトロゲスタン腟用カプセル(黄体ホルモン)使用開始

D15 コロナウイルス抗原検査(胚移植から48時間以内に実施)

D16 黄体ホルモン値確認のための採血

D17 凍結胚盤胞移植 BT0 +ホルモン補充用自己注射開始

f:id:Barna:20210603130026j:image

BT12 妊娠判定 陰性

次の凍結胚盤胞移植に向けて、気持ち切り替えてやっていきます。今回は必要以上に頑張るのではなく、力抜けるところは抜いてリラックスして取り組めたらと思います。