バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠・出産・子育て記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)、妊娠、出産後の子育てについて語っています。2017年10月に男児を出産。現在、二人目妊娠中。2022年9月出産予定。

第二子妊娠:13w6d スペイン人友人&息子に私の妊娠を告げる

スペインでは通常妊娠12週を過ぎたあたりから、周りの人たちに妊娠を報告していきます。

先日の妊婦健診で赤ちゃんの無事を確認できたし、性別もわかったことだから、私たちも周りに報告していこうということで、早速息子の幼稚園のお友達のパパさんママさんに妊娠を報告、家に帰ってからは主人と私二人で、息子に「ママのお腹の中に、〇〇(息子の名前)君の妹がいるんだよ」と伝えました。それ以降、息子は私のお腹に手を当てたり、耳を当ててお腹の音を聞いてみたり、妊娠線予防のクリームは毎晩率先して息子が塗ってくれます。

二人目が生まれる頃、息子はほぼ5歳。できれば子供たちの歳の差は、(なんの根拠もなく)3歳くらいがいいなぁなんて思っていたけれど、今思えば、5歳くらい離れている方が上の子との時間もゆっくり取れたので、よかったのかもしれません。

サプライズで訪れた今回の自然妊娠。去年の3回の胚盤胞移植では妊娠できなかったけれど、今思えば、今回の妊娠がタイミング的にはばっちりだったのかもしれません。今はただ無事に赤ちゃんが生まれるのを望むのみ。