読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)について語っています。2016年の2回の人工授精を経て、2017年1月から体外受精開始。現在、妊娠中。

生理予定日2日前:「待つ」こと

生理予定日まで2日となりました。

今回は妊娠検査薬を使用せずに生理を迎えようと決意しました。だって、期待しちゃうから。どうせ生理が来るってわかってるなら、あえて検査薬を使用する必要ない、でもどこかで、もしかしたら妊娠しているかも!?という変な期待をしてしまうのです。生理前の軽い頭痛と体温が何となく下がったような気がするので、きっと予定通り生理が来てしまうでしょう。

さて、不妊治療を始める前の私はかなり活発で、毎日色々予定入れて行動するのが好きでした。常に自分から何かを探して、無理をしてしまうこともあったけれど、すごく充実していました。

ただ、不妊治療を始めてから、(一定の周期で来ているとは言え)具体的に何日に生理が来るかわからないことや、それによって病院通いがいつ始まるか、人工授精の日程も変わってくることから、事前に予定を入れにくくなってしまい、以前のように活動的に行動できない自分がいます。

生理が来るのを「待って」、その後卵胞が成長するのを「待って」、人工授精の日程が決まるのを「待って」、治療後10日ほど妊娠判定できるまで「待って」。。。不妊治療はとにかく「待つ」ことが多くて、特に治療直後はひたすら時間が過ぎるのを待っている気がします。不妊治療期間ももっと楽しめたら、と思って読書やら勉強やら始めようとしても手につかず、今は「待つ」時間を海外のドラマを見たり(言語の勉強のために一応、英語音声+スペイン語or英語字幕にして見たりしている)、このブログを書いたりして過ごしています。

母親と同年代の同僚に「不妊治療を通して《待つ》ことを学ぶのはとてもいい機会だと思う」と言われ、もしかしたらちょうど今が新しい時間の流れを持った人生を始めるタイミングなのかもしれない、と思ったりもするのです。若干無理をしてもへっちゃらだった20代から、時間の余裕を持った30代の人生へと移り変わる時期なのかもしれません。

 

クリックお願いします↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
にほんブログ村