バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠・出産・子育て記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)、妊娠、出産後の子育てについて語っています。2017年10月に男児を出産。現在、二人目妊娠中。2022年9月出産予定。

二人目妊娠 38w4d 予定帝王切開のはずが、緊急帝王切開に

9/25、朝5時に目を覚ましてから、生理痛のような痛み。これは前駆陣痛なのか、本陣痛なのか、でも確かに痛みは生理痛に似ている。アプリで陣痛のペースを見てもまばらだけれど、私の場合、陣痛がひどくなる前に帝王切開を受けないといけない身なので、もしもの時を考えて、午前7時頃には、上の子を預ける友人たちに「帝王切開が早まる可能性がある」ことを連絡。主人にも、おそらく今日生まれるだろうと、根拠はないけれど、私の母親の勘がそう言っていることを伝え、そこから息子が8:30に起きるまでの間、私と主人の荷物チェック、息子を預ける際の息子の荷物の最終チェックなどをして、11:30に息子を友人宅に預け、病院に向かった。

病院ではノンストレステストを受け、確かに陣痛があり、子宮口が指3つ分開いていることが確認され、入院が確定。そのままPCR検査を受け、陰性結果が出た15:00頃手術室に入りました。

硬膜外麻酔後、5年前の帝王切開で経験したすべての恐ろしい工程が待っているかと思うと怖くなり、手術台に寝かされ、手術の準備が淡々と行われる中、その状況に怖くなって、涙が溢れてきました。主人が手術室に入ってきてからは、安堵感からまた涙。

16:04に娘が取り出されて、産声を聞いたときは「ん?なんか小動物の鳴き声?」と思いましたが、その後赤ちゃんの声に変わり、誕生してくれた嬉しさで涙が出てきました。

その後は帝王切開の傷口が縫われ、すぐに怒涛の産後。帝王切開から18時間後には、歩行を開始するよう言われ、トイレも自力、その後シャワーも一人で浴び、術後直後から母子同室で授乳開始。

五年前の辛い記憶が蘇ってきて、あぁもう無理だと思う瞬間もありましたが、息子の時に鍛えられた育児力、蓄えた知識のお陰で、本当は3泊のところを、2泊にしてもらい、帝王切開から約48時間後には退院手続きをすることができました。

なんと言っても、息子に比べて娘は手がかからない。息子の時は、お腹にガスが溜まって、それがうまく出せないが故に、泣き止まなかった息子でしたが、二人目は、お腹マッサージをすれば、高い確率でうんちやオナラをしてくれて、その後またおっぱいあげれば寝てくれるので、私も軽く睡眠が取れます。睡眠が取れれば、ハードな新生児のお世話もなんとか乗り切れます。

まだまだ始まったばかりの二人育児。とにかく睡眠をとれる時にとって、このサバイバルを乗り切ります。

二人目妊娠 38w3d 前駆陣痛続く

ここ数日、前駆陣痛が多く感じられ、私も主人もこのまま本陣痛になって予定帝王切開から緊急帝王切開になってしまうのではとヒヤヒヤしていますが、少しずつ和らいでいるようにも思います。あと3日で予定帝王切開となるので、それまでお腹の子にはこのままお腹にいてほしい。

予定帝王切開の入院手続きは14時半。主人は私に付き添う形なので、午後は息子の同じクラスの幼稚園のお友達家族が息子を迎えに行って、そのままその家族のおうちで息子は2泊過ごす予定(幼稚園の送り迎えも全て頼んでいます)。帝王切開での入院は72時間ということなので、入院3泊目は主人が息子と家で過ごし、その日の私の付き添いは友人に頼みました。私たち夫婦に頼れる家族が身近にいないことから、周りの人がとても親切に手を差し伸べてくれて、今回のお産を迎えることができます。本当に感謝感謝です。

二人目妊娠 38w0d:妊婦健診とノンストレステスト(NST)

38週(最後の生理日から数えると「37w5d」となりますが、私の場合、正確には+2日となるとのことで、今から+2日でカウントします)のこの日、初めてノンストレステスト(NST)を受けました。お腹の赤ちゃんはよく動くし、それに合わせて不規則な陣痛も来ていました。前駆陣痛で、子宮口も閉まっているから大丈夫だろうけれど、もし仮に、予定帝王切開前に規則的な陣痛が来た場合には、すぐに入院手続きするように言われました。

主人も私もちょっと不安に...。二人目のお産とあって、一人目の預け先を考えたりする上で、できれば帝王切開を予定している日にお産があると助かるのだけれど、まぁそればかりは赤ちゃんの都合に合わせるしかありません。

予定帝王切開まで、あと6日。赤ちゃんはお腹でじっとしててくれるかな。。。

二人目妊娠 37w3d: 出産する病院での出産前診察

37w3dのこの日、出産予定の病院で助産師の診察を受けてきました。

といっても、私の今までの血液検査やエコーの結果、病歴などを病院のコンピューターに入力していくというもの。それが終わると質疑応答の時間。帝王切開の場合は72時間の入院になること、病室に同伴者は1人だけど、コロナ禍の時とは違って入れ違いで人が変わってもいいということ、病室は一人部屋で、私のベッドに赤ちゃんを寝かせて添い寝しながらおっぱいをあげていいこともわかり、ほっとしました。

予定帝王切開まで残り1週間。無事に迎えられますように。

二人目妊娠 37w0d 凍結胚廃棄手続きで不妊治療の病院へ

正産期を迎えたこの日、不妊治療の病院に行って、凍結胚の廃棄手続きをしてきました。私と主人二人で行く必要があり、なおかつ医師の診察を受ける必要があるとのこと。

診察時間に病院に行き、まずはお世話になった先生から廃棄手続きの説明を受けました。その後、私の身体的状況では3回目の妊娠が不可能であることが書かれた医師からの報告書2枚を提出して、廃棄手続き書類にサインしました。手続きは15分ほどで終わり、無事に廃棄手続き完了。

年間300ユーロ(約43000円)の凍結胚保管料を2017年から払っていましたが、今年2022年をもって区切りをつけることができました。

私たち夫婦の「繁殖期(笑)」が、これにて終了。あとは娘が生まれてくるのを待つのみです。

二人目妊娠 36w6d: ウォーキングマシーンを片付ける

今年の1月に、自分へのクリスマスプレゼントとして購入したウォーキングマシーン。

妊娠が1月下旬にわかるまでは週5くらいで使っていましたが、妊娠がわかってからの3ヶ月は、万が一流産したら…という気持ちから、使っても週2、3回のみ。でも、安定期に入ってからは、毎日30分程度歩いて汗を流していました。妊娠後期も同じように毎日ウォーキングしていたので、妊娠中の体重管理もうまくできていたように思います。

ただ臨月に突入し、ウォーキングマシーンを使うとお腹が張るようになり、正産期直前のこの日、ウォーキングマシーンを片付けることにしました。お腹の張りは、横になっていれば落ち着くのですが、胎動がかなり痛くて、予定帝王切開日前に生まれてしまうのではないかハラハラしています。

帝王切開まで残り2週間を切りました。無事に出産できますように。

二人目妊娠 36w0d: 臨月と凍結胚廃棄の手続き

無事に臨月を迎えました。

さて、昨日の妊婦健診で避妊手術を提案されたことで、決心がついたこと。それは、不妊治療で保管していた凍結胚を廃棄する手続きを始めること。

現在まで、仮にお腹の子に何かあった場合にまた妊娠できるようにと保管料を払っていましたが、今後新たに妊娠することが私の子宮の状態では不可能だと先生に言われたことで、廃棄する決心がつきました。

不妊治療の病院に問い合わせたところ、思った以上に廃棄する手続きが複雑だったことがわかりました。まず、スペインの法律では、凍結胚の今後について4つのオプションが定められており、

1.本人たちが使用。

2.他のカップルに提供(採卵した時の患者の年齢が35歳以下であることが条件)。

3.研究に提供。

4.廃棄。

私たちは当初 「3.研究に提供」したいと考えていましたが、そもそも現在進行中または進行予定のプロジェクトがないと、その時まで私たちがずっと保管料を払う必要があるとのことで、ちょっと切ないけれど「4.廃棄」を選択することにしました。ただ、廃棄するには、患者、つまり私が凍結胚を使用できないという正当な理由を示した報告書を、医師2人に書いてもらう必要があり、幸い私の場合は、子宮が3回目の妊娠に耐えられないと担当医から言われているのでその先生に頼めばいいのですが、あともう一人の先生から報告書を書いてもらう必要があり、なんとかかかりつけ医に頼んで書いてもらえましたが、こんなに複雑だったとは思ってもみませんでした。

二人目が生まれるまで残り2週間ちょっと。無事に凍結胚の廃棄手続きが終えられますように。

二人目妊娠 35w5d:妊婦健診と避妊手術の提案

35週のこの日、妊婦健診がありました。赤ちゃんは順調に成長していて、3週間前に比べて600g増えていて、現在推定2600gほど。逆子も治っていて、安心しました(と言っても、帝王切開なので逆子でも問題ないのですが)。

そして、予定帝王切開9月27日(火)に決まりました。無事に陣痛もなく、その日を迎えられるといいのですが。

また、帝王切開の同意書とともに渡された違う同意書、それは卵管を塞ぐ避妊手術に関するもの。私の場合、息子の時の帝王切開の傷口が4年間開いたままになっていて、それを閉じる手術を2年前に受けているので、すでに子宮はかなり弱まっている状態。今回の妊娠は子宮が耐えられるけれど、3回目の妊娠はリスクが伴い危険ということで、私の担当医としては3回目の妊娠はまず現実的に厳しいだろうという見解。だから、私が希望すれば、帝王切開する際に、卵管を塞ぐ避妊手術も一緒にできると言われました。まさかの展開でびっくりしたけれど、私の子宮の状態がそこまでひどい状態だったと再確認し、帝王切開とともに避妊手術もお願いすることにしました。

改めて実感したのは、今回の二人目妊娠、しかも自然妊娠で、妊娠後期まで無事にたどり着けたのが奇跡であり、文字通り人生で最後となる妊婦生活残り3週間を、悔いなく過ごそうと思います。