バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠・出産・子育て記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)、妊娠、出産後の子育てについて語っています。2017年10月に男児を出産。現在、二人目妊娠中。2022年9月出産予定。

母乳バンク

上の子を出産してから知った「母乳バンク」の存在。当時は初めての育児で、時間も気持ちも余裕がなくてできなかったけど、2人目を産んだら絶対母乳提供者になりたいと思っていました。

娘が生後2ヶ月になって、母乳育児も軌道に乗ってきたので、病院に行って血液検査と面接を受け、母乳ドナー登録してきました。

その時にもらったのがこれ。母乳を保存する容器と、マスク、手動の搾乳器、そして「DONO LLET(私は母乳を提供します)」と書かれたトートバッグ。持って歩くのは、ちょっと恥ずかしい笑

f:id:Barna:20230113115208j:image

そしてこちらが、最初に母乳提供をした時に送られてきたスタイ。「germans de llet」、直訳すると「母乳兄弟」。その意味としては、本当の兄弟ではないけれど、同じ母乳で育った母乳つながりの兄弟ということ。

f:id:Barna:20230120003543j:image

スペインでは、ドナー母乳はスペイン国内の未熟児(母親が母乳を提供できない場合)に提供されます。

最後の母乳育児、ひとまず500mlの母乳提供できてよかったです。

2022年振り返り&2023年の抱負

2022年は、1月にコロナにかかった直後に発覚した自然妊娠という嬉しいサプライズから始まり、9月に迎えた出産。それから俊速で月日が経ち、気づけば2023年。娘の誕生という人生の大きな変化があり、念願の「二児の母」という夢も叶いました。

仕事と育児に追われ、あっという間に年末迎えそうですが、1日1日を私なりに味わって過ごしたいと思います。

3月には、日本への里帰りも控えています。二人の子供を連れてのワンオペフライト、楽しみでもあり、恐怖でもあり。準備万端で臨みたいと思います。

3m2d 乳腺炎になる

前週に体調不良でダウンしてから、なんだか母乳の調子がおかしい。一部詰まっている感じがあるし、マッサージしても改善しない。そして、徐々に痛みも出てきて、これは嫌な予感…焦って救急で見てもらうと、乳腺炎になり始めているとのことで、抗生剤を処方してもらいました。我慢せずに病院行ってよかったです。

年末年始は、抗生剤とともに年を越すことになりそう…。

 

 

3m0d クリスマス&生後3か月

娘はクリスマスの日に、生後3ヶ月を迎えました。

f:id:Barna:20221230200142j:image

ここにきて、連続5時間寝た子はどこへやら?と思うほど、娘の寝つきが悪くなり、同時期に5歳息子が発熱、咳などの症状が現れ始めると、私も咳が出るようになって、その咳で娘も私もよく眠れず…数日後私が熱を出し、添い乳でなんとか授乳は続けましたが、もうクリスマスどころではありませんでした。

幸い、娘は熱を出さず、咳と鼻水のみ。大きな病気にかかることなく、無事に生後3ヶ月を迎えられてよかったです。

5歳息子の嘔吐

先週末、夜中2時に娘の授乳を終えて、さて寝ようかと思ったら、息子の部屋から咳をした後、何やら吐いたような音が…部屋に行くと、嘔吐物が見事にベッドに広がり、壁にも少し飛び散っていました…。

主人がベッドシーツを取って嘔吐物を処理してる間、私は息子をお風呂に入れ、その後新しいシーツをつけてさぁ寝よう、とみんなが布団に入った後、また咳をする息子、そして…嘔吐。またシーツを取って、息子の顔を拭いていたところで娘が泣き…私は授乳しにベッドに戻り、主人は息子とリビングで過ごし(またベッドに吐かれると困るので)、主人はシーツを洗濯、夫婦でバタバタな夜を過ごしました。

翌日から息子の体調は回復し、1日幼稚園をお休みさせて、次の日に完全復活できました。

女の子服はやっぱり可愛い

娘が生まれてから買った服は微々たるもの。息子のお下がりもあるし、同僚から大量にもらった女の子服もあります。ただ、息子のお下がりはどうしても男の子っぽいかニュートラルなものしかなく、同僚からもらったものは逆に女の子すぎるのと、着せにくい服たちもありで…最初はまぁいいかと着せていたけれど、せっかく私の元に来てくれた女の子。やっぱり自分好みの服を着せて写真に収めたい!ということで、何着か購入しました。

 

こちらはorchestraで購入したボディースーツ。他のどのメーカーのボディースーツよりも可愛い!

f:id:Barna:20221125045502j:image

Zaraで買ったお洋服。

f:id:Barna:20221125044752j:image

 

H&Mで買ったお洋服。

f:id:Barna:20221125045925j:image
f:id:Barna:20221125045929j:image

自分好みに着せられる楽しみは、女の子のママならでは^_^

2023年3月、日本へ

来年3月に、4年ぶりとなる日本に3週間帰省することにしました。生後5か月になる娘と5歳5か月になる息子を連れてのワンオペフライト。さて、どうなるか。

不安はあるけれど、子供たちを私の両親、兄弟に会わせられる喜びの方が大きく、また、息子にとっては記憶に残る旅になるので(最初に日本に行ったのは一歳半の時なので、全く覚えていないよう)、日本に行く前に飛行機ってどういうもの?とか時差ボケって何?とか色々教えていってあげたいと思います。

今から日本行きが楽しみです。

 

1m17d 連続5時間半寝る

タイトルの通りですが、うちの娘、夜に連続5時間半寝ました。

まさか生後1ヶ月半の赤ちゃんがいて、自分が5時間以上寝られるとは想像してなかったし、実際上の子が初めて5時間連続で寝たのなんて、生後8ヶ月くらいの時。それも5時間以上寝たのは数回程度で、その後はずっと卒乳する2歳くらいまで2、3時間おきに起きるのは当たり前でした。しかも添い乳じゃないと寝なかった息子。

そんな経験をしているので、娘が生まれてからも2、3時間おきに目が覚めるのには慣れていて(さすがに1時間半ごとに起こされる時はぐったりですが)、ある意味、上の子には感謝。しかも、娘はおっぱい飲んだらコテっと寝て、普通にベッドにおいてもすんなり寝続けてくれます(もちろんいつもではないけれど)。

ただ、あまりにも寝られると、おっぱいが張って乳腺炎の恐怖が待っているので、気が気じゃありません…娘が寝ているそばで、搾乳したことも何度かあります。でも、それでもやっぱり寝てくれる赤ちゃんは素晴らしい!!十分に睡眠が取れることで、娘に対して笑顔で接することができるし、上の子にも優しくできます。

娘が引き続き寝てくれるかは分かりませんが、産休中にこうして育児を楽しめているのは嬉しいこと(息子の時は必死すぎて、楽しむことができませんでした)。

娘よ、ありがとう!!