バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠・出産・子育て記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)、妊娠、出産後の子育てについて語っています。2017年10月に男児を出産。現在、二人目妊娠目指して奮闘中。

今後の不妊治療について

今年の5月から8月にかけて凍結胚盤胞移植を3回行いましたが、結局妊娠できず。今は不妊治療お休みしています。今後の不妊治療について色々考えましたが、経済的な負担が大きい&気持ちがあまりのらないので、今年いっぱいは不妊治療お休みすることにしました。

その間は自然妊娠に望みをかけて、早速去年自然妊娠できたときにお世話になった排卵検査薬、Femometerを使っています(Amazonで購入)。

f:id:Barna:20200716181951p:plain

アプリを通して検査薬を撮影、排卵日がいつなのか正確に教えてくれます。

Femometerの詳細はこちら↓

barcelona-funinchiryo.hatenablog.com

8月に不妊治療をお休みしてから、9月には息子の幼稚園が新学期を迎え、私もテレワーク率が減り通勤が始まったのでバタバタしていますが、二人目妊娠への執着が取れ、気が紛れていいです。今年は息子、主人との3人家族の時間を思いっきり楽しめたらと思います。

コロナワクチン接種完了

8月中旬に不妊治療に区切りをつけてから、やらなければと思っていたのがコロナワクチン接種。

スペイン国内での接種率は70%を超えており、接種予約もスムーズにできました。モデルナかファイザーを選べたので、無難にファイザー

一回目接種の副反応はゼロ。二回目の時は熱はないものの、頭痛、疲労感、筋肉痛といった症状が出ました。

無事に二回接種終わって一安心。

f:id:Barna:20210908115446j:image

不妊治療の再開時期を考えたりもしていますが、今はもう少しお休みするつもり。その間に自然妊娠できたら一番なんだけどなぁ。

2021年3回目の凍結胚盤胞移植のまとめ (陰性)

3回目の凍結胚盤胞移植も陰性の結果となりました。「なんで3回やっても妊娠できないのだろう?」という気持ちも強いし、それでも「不妊治療続けて妊娠したい!」という思いもありますが、経済的負担はもちろん精神的負担も大きくなるので、これでひとまず不妊治療はお休みすることにしました。

今回の胚移植の流れは、

D6 診察

D11 診察+移植日決定

D16 コロナ抗原検査

D17 ホルモン検査

D18 凍結胚盤胞移植2回目 BT0

BT10 妊娠判定日 陰性

第二子妊娠・出産という自分の望む結果は出せませんでしたが、きっと違う時期に妊娠、出産できるのかもしれない。そんな思いを胸に、今はゆっくり息子との時間を楽しもうと思います。

自分、お疲れ。

2021年2回目の凍結胚盤胞移植のまとめ

3回目の凍結胚盤胞移植前に、前回2回目の胚移植についてまとめておこうと思います。1回目の胚移植との違いは、診察回数が1回多かったのと、胚移植日が生理20日後と遅かったこと。

D5 診察

D12 診察+移植日決定

D14 診察

D19 ホルモン検査 +コロナ抗原検査

D20 凍結胚盤胞移植2回目 BT0

BT10 判定日 陰性

f:id:Barna:20210706212042j:plain

残念な結果となってしまいましたが、そんなこともいつかは笑って振り返る時が来るのかな。さーて最後となる3回目の凍結胚盤胞移植、直前で体調崩さないように体調管理には気をつけます。

二人目不妊治療 D6とD11 診察

ドクターとテレビ電話での相談を終え、後日D6に診察。ドクターとのテレビ電話の内容はこちらから↓

barcelona-funinchiryo.hatenablog.com

経過良好とのことで、次の診察を予約して終了。

そしてD11の診察で、胚移植日が8月4日(水)に決まりました。先生からは、「移植日、8月3日以降だったらいつでもいいよー」と、移植日の選択の自由をぽんっと渡され、テンパる私。え!?私が選んでいいものなの!?と動揺しながら、必死で日本のカレンダーで六曜検索したりしましたが、どれもピンと来ず、直感で8月4日にしました。あとで調べてみると、2017年に息子を授かった胚移植の時と同じ、生理から18日目の移植。なんだか運命感じて、最後になる胚移植、うまくいってもいかなくても後悔なく臨めそうです。

二人目不妊治療 3回目の胚移植に向けて

2回目の胚移植が陰性となり、次回の移植をどうしようかと先生に相談しました。

2回の陰性結果は残念な結果ではあるけれど、それまで珍しいことではないこと。私が過去に妊娠、出産をしていることから、妊娠できないのは子宮の問題ではなく、胚盤胞の方に問題があるのではないかということ。

先生との電話診察を終えてから出した私の結論は、胚移植3回目の実施。ただ、ダメだった場合は一旦休憩。先生も8月中旬から2週間ほどバカンスに入るので、ちょうどいいかなと思っています。

自分の中でも、少しずつ息子と旦那、私の3人家族の可能性も考え始めました。3人家族、別に悪くない。ただ、数年後、やっぱりもう一人欲しかったって後悔しないためにも、今できることはする。それでも手に入れられなかったのなら、数年後の私も納得がいくかな。

二人目不妊治療 BT10 判定日 陰性

BT10の採血の結果、陰性でした。

今回ばかりは移植2回目ということもあり期待していた部分が多く、陰性という結果にかなりショックを受けました。

来週ドクターと今後の胚移植について詳しく話すので、そこですぐに3回目を行うか、行うとしたら胚盤胞をいくつ戻すのか、または一旦休憩して、気を取り直して始めるか。なかなか自分の中で決断できないので、ドクターの見解を聞いて最終的にどうするか決めようと思います。

二人目不妊治療 BT9判定日前日のフライング検査 陰性

この日のために買っておいたちょっと高価な妊娠検査薬。妊娠判定日の前日の早朝に試したところ、なんと...不良品だったというオチ...そして安価な妊娠検査薬を使ったら、陰性でした。

やっぱり今回も陰性なのかな。