バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠・出産・子育て記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)、妊娠、出産後の子育てについて語っています。2017年10月に男児を出産。現在、二人目妊娠目指して奮闘中。

体外受精で処方される薬

二人目不妊治療 BT0 Prolutex(プロルテックス)自己注射開始

凍結胚盤胞移植当日の夜から、Prolutex(プロルテックス)という黄体ホルモン(プロゲステロン)の自己注射を始めました。移植前から飲んでいた薬と膣錠(プロゲステロン)も引き続き使用します。 自己注射を始めることになった経緯はこちら↓ barcelona-funinchiry…

二人目不妊治療 D17 凍結胚盤胞移植BT0

凍結胚盤胞移植当日、病院に指定された時刻の13時に到着し、13時半の凍結胚盤胞移植を待ちました。 ドクターが他の患者の対応で少し遅れたものの、無事に移植を終え、息子の幼稚園が終わる頃には家に戻ることができました(息子の同級生のママに、万が一遅れ…

二人目不妊治療: D16 ホルモン検査

凍結胚移植前日、不妊治療の病院で黄体ホルモン値を確認するための採血がありました。 胚移植前のホルモン検査は息子を妊娠した時にはなかった初めてのプロセス。しかも採血前に「黄体ホルモンの数値が基準より低かった場合には、このお薬が必要です」と言わ…

二人目不妊治療 D4 ホルモン剤の副作用

ホルモン剤服用から3日が経ちましたが、まだ頭痛や感情の起伏が激しくなるなどの副作用は感じていて、なんだか元気が出ないというか、やる気が起きないというか。まぁそれも想定内なので、なんとかやっていくしかないのですが。ホルモン剤の副作用として言わ…

二人目不妊治療:D2 ホルモン剤服用開始

本日生理2日目、今日から1日3錠ホルモン剤の服用開始です。久しぶりに鎮痛剤以外の薬を飲むので、やはり副作用は感じていて、主なのが頭痛、吐き気といったところ。 これから妊娠10週まで服用するので、飲み忘れがないように気をつけなければ...携帯のアラー…

二人目不妊治療:アンドラで薬を買う

現在スペイン国内において、凍結胚移植の準備のためのお薬、Progyluton(プロギルトン)の在庫がないので(それに関する記事はこちら)、2017年息子を妊娠した際に薬を購入した隣国、アンドラの薬局で今回もオンライン購入することにしました。 2017年にアンドラ…

二人目不妊治療:薬Progyluton(プロギルトン)が売ってない!?

今回(2021年)の胚盤胞移植で処方された薬はProgyluton(プロギルトン)。4年前に服用したProgynova(プロギノバ)という薬と比べてとても安価なので「ラッキー!」なんて思っていたら、なんと現在バルセロナ全体(多分スペイン全体)で在庫なし!の状況が続いてい…

D11 アンドラから薬が届く

ちょっと前の記事で、アンドラの薬局で薬をインターネット注文したと書きました。 barcelona-funinchiryo.hatenablog.com その薬が無事に届きました。薬局の迅速な対応に感謝です。病院から勧められたこの薬局は、ホームページから商品を選んで購入するとい…

D4 診察

生理4日目、生理が来てから最初の診察でした。 生理2日目から飲んでるProgynova(プロギノバ) 1mgがすでに切れそうなので、そもそもいつまで服用するのか聞いたところ、なんと妊娠8週まで服用を続けなければならないのだそうです。1箱に20錠しか入っていない…

移植準備に必要なお薬を買う:Progynova(プロギノバ)

採卵日から1週間後の診察で卵巣の状態を確認後、先生から生理2日目から飲み始める薬を処方されました。それが Progynova(プロギノバ)というお薬で、調べてみると更年期障害?!の治療で処方されるお薬らしい。ただ、不妊治療でも使われる女性ホルモン剤で、…

体外受精で処方される薬 まとめ

ここでは、体外受精で処方されたお薬についてまとめたいと思います。計7つの薬が処方されました。 まずは、排卵誘発剤。 1.Menopur(メノプール)1200 332,83ユーロ 注射針が刺しにくく、注射針が入ると若干の痛みを伴います。 2.Puregon(プレゴン) 900 359,05…

体外受精のお薬を買う5:ウトロゲスタン+ドスティネックス+抗生剤

体外受精で処方された薬で、皮下注射じゃないお薬はこちら。 黄体ホルモン製剤のUtrogestan(ウトロゲスタン)と卵巣過剰刺激症候群(OHSS)対策用のDostinex(ドスティネックス) 。そして、主人用に抗生物質のazitromicina(アジスロマイシン)が処方されました。 …

体外受精のお薬を買う4:Ovitrelle(オビトレール)

今日は、人工授精でもお世話になった約36時間後に排卵を起こさせる薬、Ovitrelle(オビトレール)の紹介です。これもメノプール、プレゴン、オルガルトラン同様皮下注射です。 他の薬はいつも取り寄せとなるのに、このオビトレールだけはどこの薬局で注文して…

体外受精のお薬を買う3:Orgalutran(オルガルトラン)

以前の記事で、Menopur(メノプール)1200とPuregon(プレゴン)900を購入したと書きましたが、まだまだ処方されたお薬はあります。その一つがOrgalutran(オルガルトラン)という排卵を抑える薬で、これもMenopur(メノプール)とPuregon(プレゴン)同様、皮下注射… …

体外受精のお薬を買う2:Puregon(プレゴン)900

昨日注文しておいたPuregon(プレゴン)900を取りに、薬局へ行ってきました。 Puregon(プレゴン)900 359,05ユーロ 中身はこんな感じ。液体棒1本と注射針9本が入っています。 この液体棒をプレゴンペンに差し込み、注射針をつけて皮下注射します。Puregon(プレ…

体外受精のお薬を買う1:Menopur(メノプール)1200

生理が来たので、体外受精用の排卵誘発剤を買ってきました。 今回の治療で排卵誘発剤として使われるのは、Menopur(メノプール)1200とPuregon(プレゴン)900というお薬。Puregon(プレゴン)900は在庫がなかったので、明日取りに行ってきます。 ということで今回…