バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠・出産・子育て記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)、妊娠、出産後の子育てについて語っています。2017年10月に男児を出産。

採卵後の卵胞・受精卵情報・移植胚数

19w2d 移植胚を一つにしてよかった、と今は思う

タイトルの通りです。今妊娠して思うのは、「移植胚を1つにしてよかった」です。 体外受精をすると決めてから、主人との事前の話し合いでは移植胚を2つ戻す予定でした。それはこちらの記事にも書いています↓ barcelona-funinchiryo.hatenablog.com ただ、多…

D18 移植日 BT(胚盤胞移植)0

本日、移植日となりました。 仕事を早退し、同僚の付き添いのもと病院に行きました。病院に着いて化粧を落とし、手術室のある2階に向かいました。同僚は待合室で待機。 手術待機室に入り、採卵日の時と同じように手術着とキャップ、靴下を履いて先生が来るの…

D11 診察:移植胚数について

前回の記事で、移植胚数に迷いが出たと書きましたが、それから2日後のD11に、先生の意見を聞きに病院に行ってきました。 先生は、1.胚盤胞の質(9つあるうちの3つはAクラスの優等生)、2.私の年齢(31歳)を考えて、「医師としての意見を述べるなら、今回の…

D19 診察後、病院からの連絡

朝のうちに診察を終えて、それからいつも通り出勤。仕事中、5個の受精卵のその後が気になっていました。電話が鳴ったのは夕方頃で、病院からでした。ドキドキ... 「5つの受精卵のうち、2つが胚盤胞まで育ち、本日凍結しました。これで凍結胚盤胞は全部で9つ…

D18 病院から受精卵の最新情報

受精卵が13個できたという連絡を受けたのは先週の金曜日ですが、その時に言われたのは、 「遅くとも来週の水曜日か木曜日までには、13個の受精卵のその後について連絡します」でした。 それから4日が経過し、連絡まだかなぁと思っていた日の夕方に病院から電…

D14 採卵日翌日:病院から連絡

採卵日翌日、12時ごろ病院から連絡がありました。 「採取された18個の卵子のうち、成熟卵は15個でした。そのうちの13個が受精しました。これから分裂を重ねて、最終的にいくつ凍結できるかは来週改めて電話します。」 受精卵が13個!? 18個の卵胞から、受精…

D1 夫婦で話し合い:移植胚をいくつにするか

前回の記事でも書きましたが、私の通うバルセロナのB病院では、移植胚の数を夫婦の意向を尊重して決めることができます(基本2つまで)。 barcelona-funinchiryo.hatenablog.com私の中では双子のママになれる可能性、妊娠率が上がるなら胚を2つ移植してもかま…

体外受精:移植胚はいくつ?

スペインで体外受精を行う場合、スペインの法律で最高3つまで胚を戻すことができるそうですが、ほとんどの場合、最高でも戻すのは2つまでだそうです。 胚をいくつ戻すかは、移植日当日の受精卵の質とカップルの希望を考慮して決めるそうで、私たち夫婦が望め…