バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠・出産・子育て記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)、妊娠、出産後の子育てについて語っています。2017年10月に男児を出産。現在、二人目妊娠目指して奮闘中。

流産後の落ち込む日々の過ごし方

流産後でホルモンバランスが崩れているせいか、なんとなく気落ちしている日が続いています。きっと時間が解決してくれるとは思いますが、今は流産した直後だから、落ち込んでも当たり前。なんとか自分を励ましながら過ごしています。

流産がわかってから、お寿司などの生魚、生ハム、お酒など妊娠中では食べれないもの、飲めないものを意識しながら(?)摂取しています。あの時食べていればよかったぁ〜なんて後悔しないよう、不妊治療が始まる1ヶ月ちょっとの間、楽しみたいと思います。
f:id:Barna:20200806033523j:image

暗闇から抜け出せるのも時間の問題。凍結胚、しかも胚盤胞だから妊娠率も高いし、息子も無事に生まれているんだから、心配することは何もない!と自分を励ましつつも、二人目妊娠している妊婦さんを街で見かけると、悲しくなるのも事実。

そんな中、久しぶりに過去に書いた日記を読み返しました。2回の人工授精後に生理が来て泣いてしまったこと、今では懐かしく思います。

1回目の人工授精失敗の記事↓

barcelona-funinchiryo.hatenablog.com

2回目の人工授精失敗の記事↓

barcelona-funinchiryo.hatenablog.com

いつの日か、今書いている流産の記事を笑って読める日が来ることを想いながら、今は息子とのべったり時間を楽しもうと思います。