読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)について語っています。2016年の2回の人工授精を経て、2017年1月から体外受精開始。現在、妊娠中。

D10 診察+採卵日決定

D7での診察から3日後、今日も朝一に診察を入れてもらいました。

メノプールとプレゴン、そしてオルガルトランの皮下注射の3本打ちを三日間無事にこなし、こちらが使用した注射針+注射器たち。頑張った証として写真を撮りました。

f:id:Barna:20170116052848j:image

恐怖の自己注射3本打ちはあと1回で終わり。そして、採卵日が決まりました。D13にあたる、

2017年1月19日(木曜日)です

D11の朝に、排卵を抑える薬のオルガルトランを皮下注射し、その夜に排卵を促すオビトレールの注射を指示されました。

今日の超音波検査での卵胞の数ですが、少なすぎす多すぎず、良くもなければ悪くもない、なんとも微妙な状態です。最終的な卵胞の数は、採卵日当日にわかるそうです。卵胞の数が多すぎるようであれば、体を一旦休ませるため今回は移植せず、次の周期で移植ということも考えられるそうです。

どうか無事に採卵日を迎えられますように。

 

クリックお願いします↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 海外不妊治療へ
にほんブログ村