バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠・出産・子育て記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)、妊娠、出産後の子育てについて語っています。2017年10月に男児を出産。現在、二人目妊娠目指して奮闘中。

32w3d 手作り授乳ケープ2

初めて作った授乳ケープは、私が妊娠16週の時でした。その記事がこちら↓barcelona-funinchiryo.hatenablog.comなぜまた授乳ケープを作ったのかというと、最初に作った授乳ケープは、本来だったらダブルガーゼで作るはずが近所の生地屋さんで手に入らなかったので、生地を2枚重ねて作りました。だから厚手だし、なにより重い。かさばって使い勝手も悪いので、ダブルガーゼで作り直した方がいいのかもしれないと思っていました。そして、出産入院準備をしていた時に主人から「バルナが作った授乳ケープ、来客も多いと思うし病院に持って行った方がいいんじゃない?」と言われ、やっぱりダブルガーゼで再度授乳ケープを作ろう!ということになりました。ダブルガーゼは日本の生地を豊富に取り扱っているお店「Nunoya」で購入。

nunoya.com

完成したのがこちら↓

 f:id:Barna:20170911235017j:image

授乳ケープは生地を切って直線縫いの後にスナップ付けの作業だけなので、妊娠後期の私でも体に負担をかけることなく作ることができました。授乳ケープとしての機能だけではなく、スカーフとしても重宝しそうなのでやっぱりダブルガーゼで作って正解でした。

 

クリックお願いします↓

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村