バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠・出産・子育て記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)、妊娠、出産後の子育てについて語っています。2017年10月に男児を出産。現在、二人目妊娠目指して奮闘中。

不妊治療センターの診察が延期に

ちょっと前に、二人目妊娠に向けて不妊治療費の情報収集をしたと書きました。

barcelona-funinchiryo.hatenablog.com

その後、不妊治療でお世話になった先生の診察を予約したのですが、コロナウイルスの影響でスペインが非常事態宣言、すぐに不妊治療センターから連絡が入り、予約していた診察を延期しなければならなくなったと言われました。診察では、胚移植にあたり必要な血液検査のことや、今後の治療の流れなどを聞く予定でした。

いつまた診察予約できるかわかりませんが、私の場合、まだ治療を始めていないのが不幸中の幸い。治療を始めていたら、2日に1回のペースで通院になって移動で交通機関使うことになるので、不安になっていた可能性大。だから結果的に、診察がキャンセルになってよかったのかもしれません。

さて、日本でも不妊治療の延期を選択肢として提示するよう呼びかけているという記事を読みました。

headlines.yahoo.co.jp

早く妊娠したい人にとっては辛い状況ですが、これで妊娠して万が一コロナウイルスにかかってしまったらと思うと、怖いものがあります。また私の場合、息子を妊娠している時に妊娠初期の段階で頻繁に不正出血があり、その度に病院に行っていたので、今の医療崩壊寸前のスペインの病院には不正出血だけでは診てもらえない気がします。

とにかく早くコロナウイルスが終息して、元の生活に戻れますように。