バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠・出産・子育て記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)、妊娠、出産後の子育てについて語っています。2017年10月に男児を出産。

夜間断乳完了:息子2歳半

不妊治療センターの先生との電話診察で、二人目の不妊治療を始めるなら断乳した方がいいと言われ、どうやって始めようかと考えていました。

不妊治療センターの先生との電話診察の記事はこちら↓

barcelona-funinchiryo.hatenablog.com

まずは添い乳での夜の寝かしつけをやめてみようと思い、挑戦。というのも、息子はお昼寝する時おっぱいなしで自力で寝られるので、なら夜もできるはずと。

夜間断乳初日、寝るときに「おっぱいーーー」とせがんでくるものの、「お手手ギュッギュする?」とか「お水飲む?」というと「Sí(シー)」と言うのでお水をあげて、手を握ってあげると徐々に大人しくなって寝る態勢に。そして、ちょっと経ったらすんなり寝てくれました。ただ夜に目を覚ましたので、その時は「おっぱいーー」と泣いて大変だったので、落ち着かせるためにおっぱいをあげました。

おっぱいでの寝かしつけをせずに数日経ったので、今度は夜に起きた時もおっぱいではなく水や手を握って対応することにしたら、意外にもスーと寝るようになりました。そして二日連続、おっぱいせがむことなく一晩丸々寝てくれました。

夜間断乳、とてもすんなりいきました。理由としては、

1.すでにお昼寝はおっぱいなしで自力で寝付けていた。

2.息子がある程度私の言っていることをわかるようになった。「おっぱいはねんねしたから、もうないよ」「おっぱいあした」とおっぱいがないことを言葉で言い聞かせることができる。

3.年齢的なもの。2歳にもなると、睡眠が自然と改善される。

私が当初から望んでいた「息子も私も苦しまない断乳」、ひとまず夜間断乳はとてもスムーズにいきました。あとは夜寝る前にあげるおっぱい(寝かしつけ用ではなく)をやめれば断乳完了です。