バルセロナで不妊治療(人工授精・体外受精)後の妊娠・出産・子育て記録

スペインのバルセロナで体験した自然妊娠、稽留流産、不妊治療(人工授精・体外受精)、妊娠、出産後の子育てについて語っています。2017年10月に男児を出産。現在、二人目妊娠目指して奮闘中。

二人目不妊治療:凍結胚盤胞移植で処方された薬

凍結胚盤胞移植に向けて処方されたお薬はProgyluton(プロギルトン)とUtrogestan(ウトロゲスタン)というお薬。Utrogestan(ウトロゲスタン)については過去に記事を書いているので、今回はProgyluton(プロギルトン)について書きます。

Progyluton(プロギルトン)は21錠入りですが、服用するのは白い錠剤(11錠)のみで8時間ごとに1錠、1日に3錠服用。

Progyluton 白い錠剤(11錠) 2,95ユーロ

f:id:Barna:20200711152737j:image

まずびっくりしたのが、薬の値段...安っ!!安すぎる!!(嬉しい〜!)

息子を妊娠する時(2017年)の移植準備で飲んだProgynova(プロギノバ)は、20錠で17,17ユーロ、1日6錠服用でした。

Progynova(プロギノバ)についてはこちら↓

barcelona-funinchiryo.hatenablog.com

ということで1日にかかる薬代を比較すると、

今回飲む薬:Progyluton(プロギルトン) 1日 0,78ユーロ

2017年の薬:Progynova(プロギノバ)  1日 5,1ユーロ

こんなにも値段に差があるとは...

もしスペインで不妊治療をしている方で、Progynova(プロギノバ)の服用を指示された方がいたら「Progyluton(プロギルトン)ではダメですか?」と聞いてみてください。なんせこのお薬、(おそらく)妊娠8週まで服用するので、費用を抑えられるならそれに越したことはありません。